MS叩き上げマイク・イバラ(Mike Ybarra)~Blizzardトップとして企業再建のメッセージを発する | ゲヲログ2.0

MS叩き上げマイク・イバラ(Mike Ybarra)~Blizzardトップとして企業再建のメッセージを発する

すでにゲムスパでも報じられているが、旧所属MS・叩き上げ実業家のマイク・イバラ(Mike Ybarra)氏が、Blizzardトップとして企業再建のメッセージを発している(Game*Spark)。以下はTwitterにそのメッセが張り付けられた公式表明となるものだ。

彼の経歴に関しては、彼のLinkedInのページを見れば一目瞭然だが、とても優秀な実業家であることが垣間見える(LinkedIn)。彼のそのメッセージをまとめてみる前に彼のキャリアをまずまとめてみよう。

・オレゴン州立大学でコンピューターサイエンスの学位を取得

・hpにてソフトウェア開発技術者の職歴(約2年)

・その後、MSに19.5年の間務める.その内訳は…

・SE(約2年)、OEM部門上級職(約4年)、Win7/Xbox LIVEのGM職(約5.5年)および…

・Xbox Studioパートナスタジオマネージャー職(約3年)を経て…

・MSの本社副社長に就任(約5年間)

・その後、2019年11月からBlizzardに移り…

・2021年8月からそのトップ職を務めている.

といった感じ。肝心なメッセージ記事の内容もまとめてみよう。

MS傘下に入ったことを間接的に伝えながら

・開発チームと熱心なファンのために感謝し働く方針を貫くことを表明

・2021年は数々のスキャンダル、コロナの影響にさらされ苦難の年であった

・反省を踏まえ、管理職の意識改善および正社員増などの職場環境の改善に全力を挙げる

・人材確保においてコンプライアンスの部門の社員を三倍に増やす

・データ化とフィードバックを柱として、従業員が安心して業務にあたれるようにする

ということが述べられている。揺れる名門Blizzardに関してはスキャンダラスなニュースが絶えないが、イバラの手腕によってそれがどれだけ改善されるか気になるところ。無論、ファンにとって重要なのは、何よりも遅れに遅れているIP-新タイトル供給に他ならないが、この注目すべき点でもイバラはこう述べている。

また、今後はさらに安定したペースでプレイヤーの皆さんにコンテンツを提供し、既存のゲームの内外で革新が必要であることは理解しています。エキサイティングな発表がいくつか控えておりますので、来週さらに詳しくお話しします。Blizzardのコミュニティの皆さんと優れた開発チームのメンバーが、情熱を持って助言を寄せてくれたことに心から感謝いたします。今後も、私たちを導く北極星としてそのような助言を大切にしていきたいと思います。2022年以降も素晴らしい年となることを願っています。

私たちはBlizzardの開発チームとプレイヤーを何よりも優先します。
— 全てのニュース — Blizzard ニュース
より引用

まぁ、イバラが言っているのは「オーバーウォッチ 2」んことだとは思うし、おそらくば「Warcraft 4」のことでもあるんだろうけど…展開の速さでゲーム分野は業界随一、古豪名門復活はイバラの力量に託されているといえる。とりあえず「オーバーウォッチ 2」を期待して待とうじゃんか。

Gordon Tarpley from Tampa, USA, CC BY 2.0, via Wikimedia Commons