ゲーム「OMORI」~続編を巡る噂【コミカライズノベル化?】 | ゲヲログ2.0

ゲーム「OMORI」~続編を巡る噂【コミカライズノベル化?】

これはRedditで部分的に話題になっているだけのことだが、調べるほど、このゲーム「OMORI」の核心に近づけるということがひしひし感じられたので、あたし自身のためにもしっかり記事にしておく。例のごとくこのゲームに魅せられた続編を願いたいファンによるRedditへの投稿があるので、今回はそれを紹介しよう。

掲示板Redditへの投稿は『誰か「OMORI」の続編がいつの日か出ることを考えているかたはいますか?』というもんだ(Reddit)。答えとして集まっているものを箇条書きで抄訳し、その上で全体の反応を説明しよう。

『おれはそうは思わん。もしそれ(続編)があったとしても、かなり遠い未来のことだろうよw』

『そうは思えない。OMOCAT(ゲーム開発者)はコミックや小説を発売するかもしれんとは思うけどネ』

『正直に言えば、グラフィカルノベルが見たい。彼らがどういう大人になっていったか知りたいよ』

『続編は新登場キャラクターによるハナシになるかもね。それこそ「デルタニューン」みたいな…』

『「To the moon」みたいなミニDLCが出るかもしれない。それが続編にあたるかもね』

『バジルを主人公にした別視点のサブゲームが出るといいと思うよ!』

『もう「OMORI」は完全に完結しているゲームなんで、小説コミックの類以外は出ないだろうな』

『本当に続編がプレイしたいゲームだけど…小説とコミックになる可能性がある』

と、いったものらがスレッドでの返信として書いてあるようだ。肝心なのが、グラフィカルノベル(コミカライズノベル)がこのゲームのスタート地点になっているってことだろう。これはOMORI Wikiを見ればわかるが、このゲームの原型はどうやら、OMOCATによる未完結のグラフィカルノベルが発端になっているという(OMORI Wiki)。

The game is based around several previous works by OMOCAT, including OMORI’S BLOG, OMORI’S STORY, OMORI’s SKETCHBOOK, and an unfinished graphic novel. The game focuses on OMORI, a depressed young boy, going on adventures with his friends and helping others in the world. He wonders why his friends would want to be with someone horrible like him, but OMORI recalls a time when he was not like this. He also seems to have forgotten something… or someone… very important.

OMORI Wikiより引用

伝えるところによれば、「OMORI」はブログ・ストーリ―プロット・スケッチブックおよび上記(未完結の…)グラフィカルノベルが元構成になっているゲームであるというんだ。おそらくは、Redditのこのスレッドでの話題が、デジタルゲームとしての「OMORI」正当な続編にはピントがあっていなく、未完結の小説・コミックの類にピントがあっているのは、いわば『原型版OMORI』に端を発している重要な理由なんだろうなと思う次第である。

なお、OMOCATはUSAに本拠地多くゲームデヴェロッピングを手掛けるハンドルネームおよびその設立社名であり、様々な消費コンテンツの要素を通して、その世界観の魅力を知ってもらうために設立された…とOMOCAT自身主張している(OMOCAT)。OMOCAT SHOPへのリンクでは、過去作品およびシャツなどのタイアップ商品が販売されており、ひとつのニッチなブランドになっている(OMOCAT SHOP)。

やはりドハマりしているあたしもグッズシャツ買ってみたい、そう思ってしまった…