Raw Fury~「Star Renegades」「Wolfstride」パブリッシャとして販売ゲームタイトル日本語化に積極的な姿勢を見せる | ゲヲログ2.0

Raw Fury~「Star Renegades」「Wolfstride」パブリッシャとして販売ゲームタイトル日本語化に積極的な姿勢を見せる

Steamで良ゲーのパブリッシングに度々就くことで有名なRaw Furyのゲームは、ファメが伝える通り、紆余曲折を経て邦語化に至るケースが多い(ゲヲログ)。ゲーム「Star Renagades」に見られるように、DMMが日本語化の首根っこを押さえたうえ邦語版を特定のプラットフォームで独占する、という悪例もあったことは記憶に新しい。だが、Raw Furyとしても各ゲームのdevからの見方としても、そのやり方ではあまり儲けがないことがよくわかってきたのではないか?とあたしは考えている。

今回、その試金石となるのがゲーム「Wolfstride」だ。このゲームも当初日本語化の様子は不透明だったが、(たしかストアページに日本語チェックがついていたのがいつのまにかなくなっていたと記憶している…)近日、ゲムスパの開発者インタビューで邦語化配信が近いという情報が出てきたのだ(Game*Spark)。

この傾向の理由としては、いくつか原因が考えられる。そのうち一番目に挙げられるものが、おそらくDMMのような過少なプラットフォームシェアしかもたない会社のもとでは、利益があまり確保できないことに気づいたのでないだろうか?というものだ。対して、たしかに開発者から見るとEpicストアのマージン割合は高いが、転じてユーザの視点から見るとその資本制や閉鎖性に嫌悪感を抱くことも多いだろう。やはり、テンセントの息のかかっていないSteamで配信してほしいという購買意欲の高いハードコアゲーマも多いはず。利益の分水嶺やゲーマの満足度・長期的なメリットを考えれば、少なくとも時限独占という形をとることが望ましいし、そもそもSteamで邦語版を配信するということが一番望ましい。

ファメがゲヲログの解説記事で言及するように良い意味で色物の各タイトルをみていくとRaw Furyのゲーム邦語化配信の傾向がよくわかる。これまで代表的な邦語化タイトルを列挙すると、それだけで注目作とされるゲームが多く挙がる。「Atomicrops」「Mosaic」「Kingdom: Two Crowns」「Bad North」「Dandara」「GoNNer」…たしかにどれもが曰く付きの独創的なゲームばかりだが、そうであってこそRaw Furyがpubとしてサポートに入り込める素晴らしいタイトルばかりだ。

今後、独立系インディーdevの作るゲームを継続的に発売し、長期的な利益性を加味するのであれば、コミュニティー機能に優れたSteamで、のっけから邦語化配信してほしいと思うし、少なくとも時限独占を経てのSteamでの邦語化配信とすることが望ましいはずだ。Raw Furyは金を積まれてもそれだけで満足しないpubに発展しつつあるのではないか?あたしはそう勘ぐっている。

ゲムスパの上記インタビュー記事によれば、
ゲーム「Wolfstride」は配信・収益化推奨タイトルだそうな(;´・ω・)

※アイキャッチ画像はTwitterより引用させていただきました。