ガジェットレビュー「HA-FX99XBT」JVCケンウッド | ゲヲログ2.0

ガジェットレビュー「HA-FX99XBT」JVCケンウッド

届いたので、例のごとく俺、レビューする。

開封の儀

中身こんな感じ。けっこうごっついです。特に本体部の首掛け部がごっついです。ちょっとした黒い小袋がついてて、旅行中とかはそこになにかいれて運ぶっていうコンセプトみたいね。んで替えのイヤホンの先っちょ部があって、有線で主にスマホ側とつなぐためのヘッドフォンケーブル、あと、USB形式で充電するケーブルも付属。

価格

価格は5000円前後でした。実はこの価格は破格であって本来は1マソぐらいする製品らしいです(価格.com)。そりゃそうだ。だってハイレゾのコーデックにほぼすべて対応してんだもん。というわけで、生産終了品を穴場にして当たっていけば、おそらくこれからもこういった種別のハイレゾ対応しているBluetoothイヤホンも手軽に手に入ると思います。が、これはあまりにお買い得過ぎた…相手様がしっかりと設定していた価格を買ったのですけど、いい買い物すぎて注文先の問屋のことが気の毒になるぐらいでした。というか製品の梱包の仕方からなにからなにまで本来5000yenで手に入る商品じゃありません。かなりいい買い物でした。普通は信用ならない深圳の中華メーカな安価なものが多いようですが、この辺りは必ず製品の信頼性を気をつけてください。俺としては中華のやつは安全性も含め、信頼ならんと思っちょります。

音質

立体感があっていいです。音、深いです。特に低音の響きがいいです。というのも本製品、実はクアルコムの保有技術のコーデックであるaptXに対応してます。んで、俺のスマホもaptX対応してます。だからaptXのコーデックでハイレゾ音質を思う存分楽しめます。OTOTOYなどのハイレゾ音楽サービスと組み合わせて使うとかなりいいでしょう。

この価格(今回は5000yen)で、SBC/AACそしてなによりaptXに対応しているというのは破格すぎです。高音質再生を思う存分楽しみたいのであれば、やはりaptXに対応しているものを買っておきたいもの。なにより多くのコーデックに対応している製品は高いもので、大体が1マソぐらいするのがデフォルトなようで…

※aptXってなんぞや?

エレコムの解説ページを見れば一発です。簡潔に言えば、Apple系コーデックAAC以上の音質である、aptX対応している音源(スマホなど)機器と対応している再生機器の双方が必須になる…ということらしいです。結論から言えば、ハイレゾ音質を存分に楽しみたいのであれば、必ずaptX対応している音源機器および再生機器のふたつが必須になるということ。気をつけておきたい点です!
巷の評判

音質は評判通りほぼパーフェクトと言っていいようです。あと、どうやら左イヤホンの不具合がアマゾンレビューでも批点として挙げられているようですが、どんなもんでしょうか(Amazon)。まだわかりませぬ!寝ながら使ってたりすると壊れます。前使ってたやつも断線したのは寝ながら使ってたからです。もうそういう使い方はしないようにすることを心がけますが、正常な使い方をしていれば、そんなそんな壊れるものでしょうか?あとノイズがすごいとも悪評ですが、俺環境ではそんなことはありませんでした。

気になったところ

壊れるとか不具合とかよりも、ちょっと操作音がでかめなところ、あるいはイヤホンが完全な密閉型ではない点が気になります。でも、尼レビューにある通り、ちょっと外部の音が気になるぐらいで、本来の機能性を損なった面は今のところ見ていません。あと、完全な密閉ではなくほんとに少々ですが…若干耳と離れるので、この音量で聞いて耳が大丈夫だろうか?と思ってしまいました。不具合・不良よりもそこらの設計がちょっと雑だったかな。

総評:ほぼパーフェクト。
音質はずば抜けていい。ハイレゾ音楽ファイルとの併用にも最適だとも思う。
一部報告されている不具合・不良は俺環境ではまだ確認してない。不満点は皆無。