「Skullgirls」~シーズン1パス-実装4キャラのうち3キャラ目まで判明か | ゲヲログ2.0

「Skullgirls」~シーズン1パス-実装4キャラのうち3キャラ目まで判明か

人気格闘ゲームタイトル「Skullgirls」のシーズン1パス実装キャラのうち2キャラ、アニーおよびアンブレラの配信が決定していることは既に周知のとおりだ。

アニーが正式に実装された今、アンブレラの”ゾーン”は早くもβ段階に入り、正式参戦までバランス調整をほぼほぼ待つまでだが、上述のつべ動画にも掲載されているとおり、今回新たにシーズン1パスで実装される3キャラ目までが判明したといっていい。これで、全4キャラ予定されているシーズン1における実装DLCキャラクターのうち、3キャラ目までがわかった。

動画内でも最後部で明かされているとおり、当の3キャラ目はブラック・ダリアとされている。なお、この情報は国内では早くも格ゲーチェッカーによって間接的に報じられており、4キャラ目についてはさらなる情報が未だ出ていないが、こちらも2022年内に公開される予定(格ゲーチェッカー)。また、開発を手掛けるHidden Variable Studiosはネタ的にこれを取り扱っている節もあるが(Skullgirls Mobile Forums)、格ゲーチェッカーの過去の記事が伝える通りだと、このシーズン1パス-DLCの行方によっては5キャラ目の実装もありうるとしている(格ゲーチェッカー)。

実際のところ、考えられるDLCによる新キャラ実装は実質ある程度は判明しているともいえる。それはなぜか?というと、かつて2013年に行われたIndiegogoのスカルガIP支援キャンペーンによってそれが(部分的であり、かつ、不透明さもかなり残るものの)公開されているからだ(Indiegogo)。この内容はSkullgirls Wikiのページにおいても概要公開が為されている(Skullgirls Wiki)。

今も残るLab Zero時代行われたキャンペーンの概要による情報公開によると(スカルガールズ)、キャラ候補としてはD・バイオレット,スタンレー・ホワイトフィン,ハイヴ,レデューク,イレウム,ブレイン・ドレイン,アンディー・アンヴィルなど今のところ、NPC/NonPlayableSettingとして据えられているものも含め、様々なものが提示されており、その表現の幅の広さ・深さには驚かされるものがある(なお、この中で現に今回路線判明した3キャラ目、ブラック・ダリアも同時に提示されている)。実はこの辺りの立ち位置はSkullgirls WikiでもMinor Characterとしてもトントン掲載が為されている(Skullgirls Wiki)。

ここに来て、スカルガIPは”融通の利いている”モバイル版とPC/CS版とのスパンでかなり活況な開発状況を呈しているといっていい。私見では、かつてゲヲログ2.0でも報じた通り、スカルガIPの”完全新作”も待ち遠しいと感じる次第だ(ゲヲログ2.0)。

※アイキャッチ画像はSkullgirls Wikiより引用させていただきました。