ガジェットレビュー「HA-ET45T」JVCケンウッド製ヘッドホン | ゲヲログ2.0

ガジェットレビュー「HA-ET45T」JVCケンウッド製ヘッドホン

届いたのでレビューする。

開封の儀

開封したところはこんな感じ。携帯型充電器とヘッドホンがコンビで入ってる。基本的に充電器を持ち運ぶような設計になっていて、充電器からヘッドホンを取り出すと自動的にヘッドホンの電源が入るようになっている。電車の中とかでよくヘッドホン持ち歩いてる人が、このタイプのものをもっていることは最近多いと思う。充電器は携帯していつでもフル充電できるように。この辺りは今のトレンドみたい。

んで、充電器っていってもこのタイプはハブなんだよね。つまり電源はUSBでこの充電器とPCを繋いで電源をMAXにしておかねばならないわけで、ヘッドホンとハブしてる携帯型充電器ってことらしい。ヘッドホンのほうを充電するにはこのハブ充電器を介して行わなけりゃならん。ちょうど金属部分がフィットするように入るので、スムーズに充電に入れる。ちょっと充電の状態を見るのは面倒。というのも点滅したりしなかったり赤に光ったり光が消えたりで、慣れるまではちょい時間がかかる。

そのハブ充電器をPCと繋ぐ際にもケーブルが必要…ということで、それが付属してる。ただ、この手も漏れず繋ぐケーブルは付属のものを使うべきとのこと。PCの電源ケーブルと同じで、しっかり付属のものを使わんとだめですよ~って説明書に書いてあった。安全性、ここんところがちょっと問題だと思う。ケーブル類は使っているうちにごっちゃになっちゃうからなあ…例えば、このケーブルにJVCケンウッドの刻印が入ってたりしたらごっちゃにならないんだけど、どうかこの辺りメーカとして検討してくれないもんか。付箋つけて迷わないように俺はしてますが…(なお、イヤホンの頭部分はこのように豊富に付属・使い分けできるよ)

音質

あんま良いって印象ははっきり言ってない。だから非圧縮のwavとか圧縮でもflacとかの良い拡張子のやつと併用して聞き分けできないとコアな人は満足できねーかもしれん。得につべのプレミアムとかの音源だとちょっと音質が良くないと思う(もっともつべのプレミアムなんて音質にこだわる人使わんか)。でもまぁmp3とかだと、まだまだ音域が出てない感覚はある。あくまで音質は平均程度だと思う。もっといいやつを買いたいならそれをチョイスすればいいけど、この価格帯でこの音質というのは正直残念。

ヘッドホン兼イヤホン

一方で、耳に掛けられる部分とそれ自体を自由に外せるっていう商品設計は賛美するべき出来。耳フックの部分も耳に負担がかからないやわらかい素材で作られている。眼鏡かけながらも十分使える。よって、耳が痛くならない。イヤホンとヘッドホンの両方に状況に応じて変化させることができるという点では、この商品以外のやつでうまく設計できているものはほぼほぼないと思う。この点は斬新。

総評:及第点はあげられる。
音質はずば抜けていいわけではないので特別な圧縮拡張子の音楽ファイルとの併用が必要かもしれん。いずれにせよ、イヤホンと兼務できるという設計はやはり斬新。