「Archvale」はどこがダメなのか? | ゲヲログ2.0

「Archvale」はどこがダメなのか?

最初に言っておくんだけど酷評する。
『お題:「Archvale」はどこがダメなのか?』

今日Xboxストアで無料配信されたからやってみたけど…やっぱダメダメな出来です。というのも「Enter the Gungeon」(以下、ガンジョン)に似すぎてんだよね。デザインとか弾幕とか…似ていてどこかしら新規性があるのならいいんだけど…たしかに新規性がまったくないわけじゃない…クラフト要素とかいろいろ仕込んだのはわかる。そういう点はハンブルらしい出来。でもあまりにもデザインが似すぎている。人で言えば、ゲームグラフィックスってのは表情の部分。あまりにもデザイン・弾幕がガンジョンに似通ってんですよ。この点でもうダメ。二番煎じに甘んじている。

同じようなゲームはいっぱいありますよ?でもそのどれもが個性的なゲームグラフィックスに進化している。例えば、今調べただけでもいくつものタイトルがある。どれもが表情の部分で個性派ぞろい。「Edge Of Dead: Under A Uranium Sky」みたいにミリタリー風のもあれば、ファンタジー風の「Sealer of Dungeons」もある。疑似3Dみたいな「Cult of the Lamb」のように悪の教団をプレイヤー側のメインに据えたものもある。確かに、このうちどれもが、基本的に傑作であるガンジョンに影響を受けているのは確かに間違いがない。だけんども、これら挙げたもののすべてが個性的なエフェクトを模している。ゲームのインターフェース・表情・顔の部分がすごく色濃く個性的になってんのよ。

システム面で例挙げて言えば「Dead Estate」に至っては、素晴らしいクォータービューの視点設定になってる。だから新規性に(独特なグラフィックスの部位に加えて)倍プッシュできる要素が「Dead Estate」にはある。だけんども「Archvale」には倍プッシュほどできるシステムの革新的なものもなければ(もし仮にそれがあったとしても…)、グラフィックスの面でガンジョンのものをパクっているような感覚すら覚えないだろうか?まぁ、それでも好評を博しているのならばいいんだが、あたし的にはあんまりな~って感じやね…既出のゲームでも、「Wizard of Legend」のような魔法とビルドアップのシステム的なアイデアもあるし…

加えて酷評するべき点があるとすれば、間違いなく難易度設定。これってローグライトなんだから難易度設定っていらんと思うけど。つまり一回ぽっきりで終わる、あるいはリプレイ性の中で何かを得るっていう側面がでかいのがローグライトアクションなのに、それを根本の部位で多軸になってしまう難易度設定をしちゃダメっしょ。ゲームによっては、実績のいざこざにもなりかねない。いらないと思う。

結論:あまりにガンジョンに似すぎている。誤解を招きかねないぐらい似ている。
批判はこれに尽きる。