「エルデンリング」のゲーム内容の情報が少なかったので、英語版Wikipediaの記事から足りない英語力を用い全力で翻訳・解説してみた | ゲヲログ2.0

「エルデンリング」のゲーム内容の情報が少なかったので、英語版Wikipediaの記事から足りない英語力を用い全力で翻訳・解説してみた

注)フロムとしては、システムにOW(オープンワールド)を本来搭載しないつもりらしいです。正確には、OF(オープンフィールド)と読み替えてください。詳細記事⇓

タイトルの通りです。

はたして、きちんと訳せるかどうか?難しいと思うけど、チャレンジ。お勉強も兼ねてなるべく平易にわかりやすいように訳してみます…文章はElden Ring – Wikipediaより。

この記事を踏襲して、自分なりの解釈を述べてみます。結論から言えば、それほど既作と変わり映えしないんじゃないかな?というのがあたしなりの解釈です。

Elden Ring is an action role-playing game played in a third-person perspective and features elements similar to those found in its predecessor, the Souls series, with gameplay focusing on combat and exploration. Director Hidetaka Miyazaki explained that players start with a linear opening but will eventually progress to freely explore the Lands Between, including its six main areas, as well as castles, fortresses, and catacombs scattered throughout the vast open-world map. These main areas are interconnected through a central hub that players can access later in the game’s progression — similar to Firelink Shrine from Dark Souls — and will be explorable using the character’s mount as the main mode of transport, although a fast travel system will be an available option. Throughout the game, players will encounter non-player characters (NPCs) and enemies alike, including the demigods who rule each main area and will serve as the game’s main bosses.

ここまで箇条書きでまとめてみます。

・「エルデンリング」は三人称視点のACTRPG、ソウルシリーズに連なるタイトルになる。

・ソウルシリーズの例にもれず、戦いと探索をメインに据えたタイトルである。

・シームレスにつながる広大な6つの土地を自由に探索できるようになる。

・その6つの土地には、城・森・カタコンベなどのエリアが含まれる。

・オープンワールドをゲーム設計に採用しているという。

・ゲームの進展に合わせこれらのエリアが通行可能になっていく(それに合わせてファストトラベルもできるようになる)。

・それぞれの土地にはそれぞれ『半神』がボスとして君臨する。

Combat in Elden Ring relies heavily on character-building elements found in previous Soulsborne games, such as calculated, close-ranged melee-based combat with the use of skills, magic abilities, as well as blocking and dodging mechanics. Elden Ring will introduce mounted combat and a stealth system, the latter being a core gameplay element from their previous game Sekiro: Shadows Die Twice; these features are expected to encourage players in strategizing their combat approach with each unique enemy they encounter. The game will make use of a player character stamina bar after being absent from Sekiro, although its overall influence over combat was reduced compared to previous Soulsborne titles that utilized it. Unlike in Sekiro, resurrection mechanics after in-game death won’t be available, however some elements were added to ensure players’ progression within the game.

ここまで箇条書きでまとめてみます。

・新しく魔法スキルの実装などにかなり力を入れ、その結果キャラクターカスタマイズに寄与する豊富な要素があるという。

・「SEKIRO」にあったような、ステルス要素もある。

・スタミナの概念はこれまでのソウルシリーズよりゆるめの設定になる。

・だが「SEKIRO」と違い、”死後復活する”というシステムはない。

・その代わり、プレイヤーの進行を助けるような要素が存在する。

Elden Ring is being developed by FromSoftware and published by Bandai Namco Entertainment. It was announced at E3 2019 for Microsoft Windows, PlayStation 4, and Xbox One. No further information was revealed until a June 2021 trailer announced a release date of January 21, 2022, with additional releases on PlayStation 5 and Xbox Series X/S. In October 2021, it was announced that the game would be delayed to February 25, 2022.

ここまで箇条書きでまとめてみます。

・「エルデンリング」はフロムソフトウェアが開発し、パブリッシングにバンナムが就く。

・E3 2019で発表されWindows/PS4/XBoneに対応するとされた(次世代機種であるPS5などでもプレイできるようになる)。

・恒例の発売延期があった(当初20221/21とされた発売日は2022/2/25まで延期されたよ☆ミ)。

Elden Ring is being directed by Hidetaka Miyazaki with worldbuilding by fantasy novelist George R. R. Martin, best known for his A Song of Ice and Fire novel series. A fan of Martin’s work, Miyazaki contacted him with an offer to work together on a project, giving him the creative freedom to write the overarching backstory of the game’s universe. Miyazaki used his contributions as the foundation of the game’s narrative, comparing the process to that of using a “dungeon master’s handbook in a tabletop RPG”. Some staff from the Game of Thrones television series adaptation of A Song of Ice and Fire also assisted with the game’s development. As with many of Miyazaki’s previous games, the story will not be clearly explained to players as FromSoftware intend for them to interpret it for themselves via flavor text and optional discussions with non-player characters (NPCs).

ここまで箇条書きでまとめてみます。

・ジョージ・R・R・マーティンに世界観を作りこみたいと売り込みをかけたのはD宮崎氏による力が大きいらしい(彼がマーティンのファンだった)。

・多くを語ることなく世界観を示すという方向性は、ソウルシリーズから変えないという。

Work began on the game in early 2017 following the release of The Ringed City, a piece of downloadable content for Dark Souls III, and was developed alongside Sekiro. As with games in the Souls series, players will have the ability to create their own custom character instead of using a fixed protagonist. Miyazaki also considered Elden Ring to be a more “natural evolution” to the Souls series, featuring an open world with new gameplay mechanics such as horseback riding. Unlike many other open-world games, Elden Ring will not feature populated towns with NPCs, with the world having numerous dungeon-like ruins in their place. The score is being written by Yuka Kitamura, who has composed for many of Miyazaki’s previous games.

ここまで箇条書きでまとめてみます。

・「ダークソウルⅢ」のDLCリリースあたり2017年のはじめから開発を進めていた。

・ソウルシリーズの正当進化系でありながら、オープンワールドシステムを実装する。

・他の多くのオープンワールドとは違い、本作では街に結するNPCシステムは採用せず、ダンジョンの中にNPCがいるかたちをとる。

・音楽担当はソウルシリーズの作曲家としておなじみ、北村友香氏によるものになる。

☆どーでもいいかもしれんけどうんちく

マーティンはファンメイドには厳しい方らしいです。曰く「ファンメイドを作る本人にとってもよくない」とのこと。これが日本の創作活動にどうあるべきかとか、配信にあたってマーティンがなんらかの意図を見せないかということをあたしは疑問に思っています。となると、まぁ、宮崎さんとマーティンの合作のかたちになったのも、事実上フロムを特別扱いというか…なんというかゲーム会社としての実力・力量を踏まえてマーティンがOKサインを出したのだろうと個人的には思います。

あと前から言ってるけど、オープンワールドってのはかなり難しいRPGのジャンルです。とても作りこむのがね。まぁフロムがこういった他社が陥りがちなOWのジレンマにかかるとは思えませんが…本作がOWを採用、といってもそれほどシステムの根幹に影響を及ぼすほどではないのでは?とあたしは考えます。

あと重要なのはキャラクタークリエイションでしょうね。特に魔法に力を入れているようで、召喚のアイデアやCo-op実装というのも従来作からの+αといった形ではないか、と勘ぐります。これらのシステムも「SEKIRO」で手に入れたノウハウを活かすといった形であり、従来作からの伝統はしっかり受け継ぐと考えています。フロムがわざわざリスク抱えてまで新規性を打ちだすとは、いまさら思えん…

いずれにせよ期待は高まる一方です!

※アイキャッチ画像:Wikipediaより