あたしがいつNHKsageBBCageしたのか?そうであることの何がモヤっとするのか? | ゲヲログ2.0

あたしがいつNHKsageBBCageしたのか?そうであることの何がモヤっとするのか?

う~ん、たぶんこの記事のことだとは思うんだけれども…

>BBCトップにあったのは恐らく本当に一瞬で、当時この出来事を知らなかった人は一定数いると思う。

たしかにその通りかもしれない。だが、本当にあたしは事実以外のことを述べただろうか?このツイート主は確かにこうも書いている。

>事実を述べるに留めるなら兎も角、NHKsageBBCageしてる辺りでモヤっとする。

あたしは比較的ジャーナリスティックに事実だけを述べたつもりだ。

んで、肝心なのはNHKsageBBCageして何が悪いっていうのだろうか?NHKの報道姿勢を批判して何が悪いのだろうか?BBCをこの分野に限っていえば賞賛して何が悪いのか?もしくは逆に、NHKの報道姿勢を賞賛して何が悪いのだろうか?BBCの報道姿勢を批判して何が良いのだろうか?悪い点は悪い点で指摘し、是正する。良い点は褒め、よりよく伸ばすことをテレビ局や報道局に求めて何が悪いのだろうか?

もちろん、『モヤっとする』のはあなたの思想良心の自由だ。だがそれこそ短直な意見表現であり、事の本質を得ていない。どこが悪くてどこが良いのか?ということをこのツイートはまったく本質的に指摘していないではないだろうか?例えば、今、Wikipediaのこの紛争のページを見てみると、取材ソースは明らかに欧米のニュースソースに偏っていて、国内報道であまり取り扱われなかったのではないか?というだけの、それだけのことを、この主の言っているそれこそ『事実確認』をしたい旨をあたしはあくまで述べたつもりである。

この手の紛争ソースがアゼルバイジャンメディアやロシア系メディア・あるいは東欧系メディアに偏っているのはもちろん自然なことではある。なぜか?彼らはそのニュースがなければ死の危険すら身近にあるからだろう。では遠く離れた日本の公共放送がしっかりこういった世界の普遍的に共有すべき人権というものを指摘しなくていいのだろうか?当然、すべきだ。

例えば、今回は中国のウイグル自治区のニュースをBBCが中国人大使にテレビ上でしているが、このYouTube上の動画でも『BBCはしっかりと報道している』『NHKもこうしてほしい』『世界中で共有されるべきファクトに基いた指摘が動画内でされている』というコメントで比較的あふれているといっていい。中国やNHKやあるいは逆にBBCを名指しして良い悪いを述べて何が悪いのか?あるいは指摘せずとも事実確認をしたいという意見をもって何が悪いのか?真実を追求するのがジャーナリズムの本質であり、人的な資源や客観的なその価値を大事にする民主国家の本質であるべきはずだ。

NHKの悪いところは指摘するべきだろう。BBCの悪いところも指摘するべきだろう。逆にNHKの良いところも多くあるはずだ(例えば世界に先駆けて教育チャンネルを作ったのはNHKだ~もっとも今ではEテレになっちゃったけどね)。BBCの悪いところももちろんあるはずだ(左派に寄りすぎているなど)。それぞれを素直に指摘し、改善点を探り、より良いファクトニュースソースを流すようにしっかりと責任を果たすべきと指摘することの何が悪いのか?これは、あたしなりの個人的な意見ではなく、普遍的なジャーナリズムのありかたや人間の過酷な過去を顧みる過程で本質を得ていることなはずだ。もちろん、報道やジャーナリズムに基いて引用やハイパーリンクの権利を守ることも重要だろう。

悪いところは指摘し、改善する。また、良いところは伸ばし、進展させる。
このことを指摘して何がおかしくモヤっとするのだろうか?