期待の2DローグライトACTSTG「Critadel」~YouTubeで公開されているメインテーマが神曲すぎる… | ゲヲログ2.0

期待の2DローグライトACTSTG「Critadel」~YouTubeで公開されているメインテーマが神曲すぎる…

韓国の小規模なデヴェロッパーであるPixelian Studioが開発を手掛け、パブリッシングをNicalisを担当する、Steamでの期待が俄かに高まっている横スクロール式2DローグライトACTSTG「Critadel」。そのデモ版がSteam Next Festに合わせ期間限定で配布されている(Steam)。デモ版では一面に相当する部分をプレイ可能。

あたしもとりまコレプレイしてみたが、大きめに張られた弾幕を大きな自キャラ当たり判定からドッジロールを基軸に避けていくといった様子のオーソドックスな2DACTSTGといえると感じた。ドッジの時には、バレットタイム風のエフェクトが発生し、これを上手いところ活用することでピンチをチャンスに変えることができる。また、特にドットデザインはやはり天才的だ(ぶっちゃけて言えば『神の領域』)。例えば、大きめのカットインがボス戦開始時に入るが、ここにも粗さが全くなく完成され尽くしたドット絵が基調となっている。その様子はまるで『ゲームの出来を決めるのはグラフィックデザインセンスだ!』と言わんばかり。

だが、これからゲームプレイの体現性をどう発展・昇華させてくるか?という点までは、このデモ版では見通せないのが正直なところ。むしろデモ版をプレイした段階においては、期待が高まる一方で無難なローグライトSTGにまとめてきた佳作というのがあたしなりの感想だ。ただ、豊富な武器種が事前にアピールされると共に、デモ版を通じて見かけた点において、それらとのコンビネーションアイテムや、独立したパーミッションアイテムが多数予定されているようだ。他にも多くのアンロック要素があり、この”ウェポンシステム”を主軸に、とことんやりこめるようになるよう発展させてくるポテンシャルも、プレイを通じて感じることができた。工夫次第でギミックはより豊富になるし、デモ版の”外側”で公開されているトレイラーを見てもそれは実装されるようなので、マスターアップひいては発売日を嬉々として待ちたい。

そんな「Critadel」だが、いまだ4Gamer.netなど大手のゲーム情報サイトも、ユーザの認知度・期待度が高いわりにはあまりレポート記事すら書いてくれていない。だが、やはり面白そうなタイトル!正式発売時にはその完成度の高みと共に、鬼畜難易度およびやりこみ要素の並立をあたしゃ期待してるヨ。ウンニャ…

(*´Д`)<てか、メインテーマが神曲すぎるんだが…

※アイキャッチ画像はIGNより引用させていただきました。