傑作デジボ冒険型ローグライト「Curious Expedition 2」継続的な無料アップデートコンテンツ実装が続く | ゲヲログ2.0

傑作デジボ冒険型ローグライト「Curious Expedition 2」継続的な無料アップデートコンテンツ実装が続く

傑作デジボアドベンチャー「Curious Expedition 2」…同作の無料アップデートコンテンツの実装がSteamニュースハブ上で継続的に公式から報告されている(Steam)。どうやらこのゲーム、担当しているゲーム会社がユーザフレンドリーな形でコミットすることを心掛けてくれているようで、サービス精神旺盛なのが大変印象良く感じる次第だ。DLCのばら売りに積極的なゲーム会社も多い中、そのように利ざやを稼ぐことを優先するのでなく、購入ユーザの満足度を高めようとするような、シリーズ初作から続くゲームの開発と実装の姿勢にはホンマ頭が下がるってもんだね。

8月中旬、本作のSwtich版発売とほぼ時同じくして導入された無料アップデートコンテンツが「Endless Hazards」というもの。このコンテンツにて導入されるのは間欠泉などのマップ上の難易度アップを主とするものだ。Steamニュースハブ上で無料アップデートコンテンツについて日本語で語られるのは「海の恐怖」「暗闇の洞窟」に続くものになる。どうやら、オカルトっぽい色彩をコンテンツに刷り込ませたアプデ内容を最近はプッシュしているようで、寄生ネズミや骸骨戦士などのSAN値削られそうな登場キャラがインパクトを残す。なんのことはない!仲間にできるキャラクターも追加されているんだからな。

昨年、2020年12月に日本語が実装される大型アプデが配信されてからというもの、公式サイドはアップデート内容を日本語でも積極的に発信してきてくれた。Steamの日本人ユーザは全体に占める割合が極端に少ないことで知られ、他のゲーム会社が中国語の実装などよりセールスに与するようなところから攻める姿勢を見せる中、ここまで日本のファンにも馴染みやすい形でアプデをしてくれるってのはホンマにありがたいところ。否、Steamプラットフォームだからこそ…こういった姿勢を見せてくれるゲーム会社もあるのかもしれないな。

※アイキャッチ画像はNintendoより引用させていただきました。