エレクトロニックアーツ(EA)、メタルヘッドソフトウェア買収後の動きは? | ゲヲログ2.0

エレクトロニックアーツ(EA)、メタルヘッドソフトウェア買収後の動きは?

EAが「Super Mega Baseball」シリーズで一般的に知られるゲームデヴェロッパMetalhead Softwareを買収してもう四か月が経とうとしている(EA)。この買収劇は、Metalheadとしても当時から目指すべきビジョンがEAのものと一致し、業務拡大のパートナーとして最適との判断をした結果だったという。当然の結果として同シリーズはEA Sportsのブランドの傘下に入った(reddit)。ただし数カ月がたった今も続作や新作の情報は入ってこない。SMB4は来ないのだろうか?

これについてはMetalheadのHPを見てみれば一目瞭然で、実は彼らは求人をEAを通じて募集している。現在のオープンポジションはカナダのブリティッシュコロンビア州勤務者を念頭にかかっているもので、どれもがリモートワークではない、Regular Employee(正規社員)としての求人になっているのが見て取れる(EA)。C++を中心としたソフトウェアエンジニア/UIデザイナー/キャラクターデザイン/モーションアニメクリエイターなどの求人があり、これがSMG4のための要員なのかどうかはわからないが、いずれにせよ新作準備に着々と取り掛かっているようだ。

思うに、ソフトウェア産業は一発当てるとこのように吸収・拡大・膨張していくのがものの常だ。新作の情報はまだ出てこない。だが、その当の新作がSMB4かどうかはさておき、発表は近い将来あるものと確信できる。EAはMetalheadと組んで、ブランドEA Sprotsの腐食にテコ入れをしたいと考えているのだろう。最近になって、EAはMaddenシリーズの不評化・FIFAシリーズの低迷(新たなライバルの登場もあるだろう)に対抗するように、シンプルなドッジボールゲームである「Knockout City」をリリースした。

その「Knockout City」に並行するように、比較的単純なゲーム構成をコンパクトなIPとして持つMetalheadは、『EAの御膝元』できっとファンの期待を裏切らないメガヒットタイトルを、近日世に出してくるのは間違いない。現状噂程度にしかなってはいないが、それは期待して間違いないのない極めて健全な素晴らしいタイトルになってくれるはずだ(reddit)。

※アイキャッチ画像はTwitterより引用させていただきました。