イギリスの放送大学「オープン大学(Open University)」とは? | ゲヲログ2.0

イギリスの放送大学「オープン大学(Open University)」とは?

”イギリスの放送大学”…といってなんぞやって思うかもしれませんが…今時先進国では通信制の国公立大学があっても驚く時代じゃありませんが、実はこういった国立の通信制大学ってのはイギリスが国を挙げて世界で初めて設立したという経緯があるわけです。これがイギリスの「オープン大学(Open University)」です。

この大学の成功に従って、世界中で国公立の通信制大学・高等教育機関を設けようとする動きが教育界で出てきて、日本もその例にもれず設立した大学…それが「放送大学」なんですね。ちなみに放送大学は旧英文名がUniversity of Airだったのですが、その後、Open University of Japanに変わっています。イギリスのほうの大学名に倣ったものと思われます(ちょうど改名期に世界中の通信制大学の連合団体による国際教育フォーラムがあったはずです)。

英本家「オープン大学」は特にMBA課程が有名で、国際的なMBA認証機関の認証を三つすべて受けています。これは非常に珍しいことであり、国内のMBA課程ではこの例はありません。おそらく一番近いのが名商大のダブル認定だと思われます。ここで注意しておきたいのは、国際的なMBAのステータスはこの認証証明で決まるという点です。つまり、認証がないMBAを出ても国際的な立場としてはホンマのMBAとはいえない、ということがままあるので、注意しておきたいところです(留学時にDBA行こうと思っても無理なケースがあるのでね)。世界的にこのOpen UniversityのMBA課程は有名で、国内外から優秀なビジネスマンが積極的に受験することで知られています。MBAランクでも上位の方だね。

国内からDBAを取ろうとしてもオンラインだけでは取れないことがままあり、このOpen UniversityについてもMBA含むオンライン修士課程はあまたあれども、オンラインでDBAとれるコースは無いようで、Doctor課程ではしっかりと現地に赴いて勉強・研究する姿勢が必要なようです。俺、イギリスのOpen Universityに倣って放送大学も国際認証をいくつも得るMBA課程作っちまえばいいんじゃね?って思います。冒頭書いたように”イギリスの放送大学”はそれだけ世界の通信制大学をリードする教育機関なんですね。