横スクロール式ローグライトACT「Skul: The Hero Slayer」 今夏Switchでリリースへ | ゲヲログ2.0

横スクロール式ローグライトACT「Skul: The Hero Slayer」 今夏Switchでリリースへ

IGNが報じるところによれば、期待の新型ローグライトACT「Skul: The Hero Slayer」が今夏Switchでリリースされるという(IGN)。Steamで注目されているタイトルである本作はのきなみ高評価をたたき出している傑作なだけにうれしいニュースだ。これは任天堂主催の自社CS機向けインディータイトル発表会で報じられたものがソースとなっている。

「Skul: The Hero Slayer」 はゲームにありがちな正義の味方を主役に据えるのではなく、魔王側のサイドに視点を移しているのがポイント。本作は、頭をとっかえることで能力を変幻自在に変えることのできる骸骨の主人公キャラクターSkulを操り、魔王軍の残党として、勇者側に反撃ののろしを上げるというストーリーのローグライトゲームとなっている。

既にNintndo.comでは配信サイトが既に公開されており(任天堂)、PS4/XboxOneコンソールでも配信が検討されているという(同IGN)。全編にわたりローカライズが為されており、しかも、既にEAを脱出しているため、日本国内でのCS機向けデジタル販売がらみでは心配しなくてもいいのではないだろうか?いずれにせよ、国内外双方ともにリリース日がいつかは具体的にはわからないものの、国内配信に楽観視して良いタイトルだろう。

※画像類はIGNから引用させていただきました。