VR音楽系ガンシュー「Pistol Whip」これまでで最も野心的な”Smoke&Thuder”アップデート | ゲヲログ2.0

VR音楽系ガンシュー「Pistol Whip」これまでで最も野心的な”Smoke&Thuder”アップデート

大型アップデートの話が沸いてきた。新しい武器・メカニズムが実装され、より刺激的なVR体験が可能になる。Steamで唯一無二のVR音楽系ガンシュー「Pistol Whip」のアプデのことだ。

このアップデートは、従来から懸念とされてきたボリュームの問題を克服するため、前回のアップデートで実装された近未来を背景とした”2089″以来、同作最大規模のアップデートとなるという。見たところ、中世のガンマン風の世界観を新しく描き、射撃で爆発するユニットを実装するなど、固定しがちなVRゲームのギミックの限界に挑んでいるようにも、あたしには思える。

さて、いかにも欧米出身のアーティストが作ったような良曲ばかりがコンテンツの大半を占める傑作音楽系VRシューターの代表格といえる本作だが、前述のとおりボリューム不足な面は公式サイドとしても認めざるを得なかったようである。”Smoke&Thuder”という呼称で今回実装される新規コンテンツは新しい敵・新しい武器と共に増設される、それぞれが3つの難易度を持つ5つの新曲シネマティックキャンペーンを軸としているという。”スタイル”と呼ばれる武器のMOD適用システムも新たに設けた。

なお、アップデートはQuestストア/PSストアで購入されるタイトルにも及ぶ。値段は今回のアップデートに合わせて8/15以降5ドルこそ上がり$29.99が定価となるものの、依然として十分買う価値はあるといえるんでないかな?

※アイキャッチ画像はTwitterより引用させていただきました。