現段階の2Dソウルライクで”ショッキングなほど”一番の出来「Unsouled」 | ゲヲログ2.0

現段階の2Dソウルライクで”ショッキングなほど”一番の出来「Unsouled」

これまでいくつも2Dソウルライクゲームは作られてきた。だが、その多くがダークソウル純正に酷似したものであり、実装されるシステムの共通項にもううんざりしたことがないだろうか?高難易度・リプレイ性・強化と復活・そして剣戟を中心とした操作技量…『ダークソウルを2Dにしてみたらどうだろうか?』というアイデアに徹しているからこそ2Dソウルライクゲームはオリジナリティなきゲームになってしまっている事例を多くあたしも見てきた。

没個性的な「Salt and Sanctuary」・あくまでおどろおどろしいだけの「Blasphemous」・ハックアンドスラッシュに要素が移ってしまった「Dead Cells」・そしてデザインだのみでアクション性の薄い「Hollow Knight」…たしかにそのうちのどれもが名作佳作だとは認める。ただし、これじゃない感覚はやはり強い。

3Dにて設計された自由度のあるソウルライクゲームを2Dに移したら…というアイデアは理解ができるが、そのどれもが単なる移植や没個性的な模造品であることを完全にはSteamerの誰もが否めないだろう。だが、ここにきて、あたしもピンと来るものがあるSteamタイトルをひとつだけ見つけた。その名が、今回紹介する「Unsouled」だ。特徴はいくつもある。

・ドット絵を基調とした2Dとその立体視を見事に表現した3Dシステム上にて繰り広げられる独自の世界観

本作はもちろん2Dのドット絵を基調としているが、ところどころに立体視野を挟むことで、ゲームそのものの挙動の多様性を実現している。そのため、矛盾の少ない3D側のシステムを、2D側のそれがごく自然と受け入れることに成功している。

・2Dが基礎であるにもかかわらずスピーディでアクロバティックかつ爽快な体験

ゲームの基本システムは2Dなのにもかかららず、戦闘のタイミングは速めでスピード感にあふれアクロバティックな要素を盛り込むことに成功している。チェーンシステムおよびカウンターシステムを、極限まで洗練されたタイミングアクションの要素と盛り込むことで、達成感を2Dの世界観にて実現している。

・オブジェクトの活用をはじめとする見ていて飽きの来ないギミックの数々

2Dであるのにも関わらず、オブジェクトの活用が豊富にできる。橋を落としたり、落下オブジェから身を躱したり、水道をせき止めたりすることでステージが進行していく。デザイン・演出両面において、これらは成功している。

ダクソに近い…という意味では確かに本作「Unsouled」も同じだ。高難易度でリプレイ性が高く、強化と復活をシステムの基礎として、剣戟の操作スキルが求められる。だが、この前述した三点にてオリジナリティが強くあるので、ソウルライクにもかかわらず、自前のシステムとデザインをこしらえている点はSteamerとして絶対に見逃せない。

あえて言おう。本作以外の2Dソウルライクは”屑”であると。それだけのショッキングなゲーム体験が「Unsouled」にはある。ポテンシャルが高いゲームを韓国のデヴェロッパが作り同国のパブリッシャNEOWIZが売る。今後の開発の方向性の方針ももちろんあるが、ほぼ間違いなく、ソウルライクの歴史に名を刻む傑作になるだろうとあたしは見ている…

Source: Ensouled