放送大学学部で単位を取るコツ | ゲヲログ2.0

放送大学学部で単位を取るコツ

実は、あたしも学部の科目受けたことあるんですけど…ポイントはあります。

・教科書をくまなく読み尽くすこと

内容は基本的に教科書と講義の中から出ます。くまなく読んで、すべて暗記することが重要です。学部の勉強ですから、学士号のレベルの問題が出ます。だからその水準にあった内容が書いてある公式教材を読み尽くすことをお勧めします。現代で佐藤さんも言及するように、教材は一流の教授陣が書いてます。だからかなりのレベルの高さであり、かつ、教養学部の理念に沿っている内容になっています。覚えれば確実に力になります。

・予習復習を怠らないこと

教科書を読んで講義の内容を身に付け、それでもなお単位が取れないならば予習もしましょう。これは必ず力になります。なぜかというと復習の前段を二回繰り返すことになるからです。1回予習して+1通り復習していくと理解が深まります。反復あるのみ。

・モチベーションを高く保つ

学生の学習意欲は基本的には半端なく高いです。ですが、社会人と現役学生のレベルのはざまはやはり大きいです。現役学生が続かない理由としては、やはり社会人のほうがモチベーション高いという原則があります。現役の学生はやる気のないひともいて、卒研ではじかれるひとも一定数いるのが現実です(特に厳しめの教授だとその傾向にある)。こればっかりは『諦めないでください』というしかないです。

・過去問には頼らないでも良い

過去問題を手に入れたいというかたがいると思いますが、GPA評価をギリギリまで高めたいならばたしかに必要かもしれません。ですが、放大に限らず過去問題に頼っていると自力にはならない…これは通っている意味があるかないかということでもあるので、頼らないことをあたしはお勧めします。実際、普通の勉強方法をしていれば過去問に頼らなくてもしっかりやっていれば単位は取れます(ただし取得ギリギリのラインになってしまうかもしれません)。

・単位を取りやすい授業を取る

これはどの大学でも同じですね。ですが、取りにくい単位の授業を取ることは結果的に自力になります。取りやすい単位の授業もあるのは事実です。例えばあたしの場合だと、認知心理学は上智の教授が担当してくださっていたのですが、この単位試験は記述式で自分の考え方・自分なりの学習し解釈した内容をしっかりと書けばそれだけで一番上の評価の単位をとれました。厳しい教授は記述式でレベルの高い内容を出してくると思います。それでも内容に自分なりの考えを論理良くまとめて書けば、大きな矛盾がなければ単位はくれるはずです。そういう意味で、記述式想像力がしっかりあるのであれば、記述式問題を主としてこれに挑むことは単位をギリで取るきっかけにはなると思います(むしろ選択式のほうを不得意とするかたがいてもおかしくはない)。

といったところでしょうか。

※アイキャッチ画像はTwitterより引用させていただきました。