新型コロナ流行を機に拍車がかかるRNA創薬に危険性はないのか?【SF・ゲーム・アニメ・映画…の世界から】 | ゲヲログ2.0

新型コロナ流行を機に拍車がかかるRNA創薬に危険性はないのか?【SF・ゲーム・アニメ・映画…の世界から】

新型コロナウイルス(COVID-19)の流行に伴って、RNA創薬がいまだかつてないほど注目を浴びている。DNAとは言わずと知れたデオキシリボ核酸のことだが、一方RNAはリボ核酸のことだ。本来、このRNAもセントラルドグマの一員”だった”。セントラルドグマというのは我々が持つDNAの働きから始まる一連のタンパク質発現までの現象をドグマと暗じて称したものだ。

これによれば、DNAは転写し、RNAが翻訳し、最終的にタンパク質として発現する…この一連のプロセスが我々を始めとする生命体の中で継続的に行われているのだが、RNAがDNAと決定的に違っており既知の問題として知られているのが構造的な不安定さである。DNAは構造的に安定しているが、RNAは構造的に安定していないのだ。今、RNA創薬はmRNA(メッセンジャーRNA)が主だが、今後よりパシフィックな先駆的研究をリスクを顧みず志す研究者が増えるとあたしは見ている。それが利益国益になるのであれば、各国は競走合戦をして創薬で儲けよう、国際競争力を上げようとしてくるのは自明だ。そして、その流れにのれば、ncRNAもまた考慮しなければならない概念のひとつに入ってくるだろう。

説明すると、ncRNAというのはノンコーディングRNAのことであり、セントラルドグマのようなこれまでの分子生物学の研究で定型的な流れに沿ったものではない部分にまつわるもののことである。つまり、ncRNAというのは働かないようなRNAというニュアンスでこれまであたかも語られてきた。だが、RNAに関する研究が進むにつれてこのncRNAは実は生命体の種を問わずその中で多く共通している部分だという事がよくわかってきた。そのncRNAはまったく働かないように見えて、実は働いている。ncRNAはゴミ=ジャンクのようなものであるはずが、どの生命体にとっても共通している大きな部分である(RNAのうち多くを占めるのがこのncRNAである)。不必要なジャンクがどの生命体の中に共通しているという事実は、なんらかの重要な働きをその不必要な部分=ジャンクがとりおこなっているということを示唆している…と研究者の多くは見ている。

実際ncRNAの中でも短鎖系や長鎖系のncRNAは創薬にとって重要な概念になりつつある。だが、部分的に解明されていることを除いて、ncRNAにはわかっていないことが多すぎる。DNAが二重らせん構造をとっていることは有名だが、ncRNAのほうはDNAほど決定的にその実態が把握できていない。各国がSELEX法などを使ったRNA創薬に力を入れているのは、そういった学説の常識を覆そうとするブレイクスルーを生命科学分野で行おうとしているからだろう。彼らは貪欲に自国からノーベル医学生理学賞を受賞する研究者を輩出しようとしている。これはごく自然なことだが、そこに危険性はないのだろうか?あたしはあると思う。

よくサイエンスフィクション(SF)やゲーム・アニメ・映画にゾンビが登場するのは、このRNAの不安定な構造様式をそのプロットの前提しているからだ。DNAほどRNAの全容は理解されていないのである。だからこそ、数々の作品でRNA創薬が題材となり、人災パンデミックに陥るというストーリーが構成されてきた。なにも根拠がなく、これら空想上の作品がつむぎだされてきたわけではない。つまり、背景となる理論はあるのだ。「復活の日」「アイアムレジェンド」「バイオハザード」…どれもパンデミックを示唆してきたフィクションものだ。

これから、RNA創薬がncRNAの分野、つまり未開拓のパシフィックな領域に進展するにあたり、それが新たなパンデミックにつながる危険性にはあると、フィクション作品を通じてあたしは個人的に見ている。新型コロナと同様、その時になってから練っているようでは対策が圧倒的に遅いという事態を招きかねないのではないか?一見ヲタ話のようなものに思えるだろうが、事実、多くの人が知ってか知らずかしてその話を流している中、ゲイツは新型コロナのような危機的パンデミックの登場を明確に見抜いていた。これと同じことが、RNA創薬を舞台になにか起きないか、だれかが警鐘を鳴らす必要性は本当にないのだろうか?