『ウィッチャーコン』の狙い CDそれとNetflix | ゲヲログ2.0

『ウィッチャーコン』の狙い CDそれとNetflix

面白いのは今回のコンベンションで、CDがNetflixと組んでいるところだ。Netflixの「ウィッチャー」映像版もある程度は見たあたしが勝手に推察するに、この試みにはいくつかの理由があると思う。

・「Cyberpunk 2077」での数多くのミスの穴埋め

CDは多くのミスを看過してしまったタイトル「Cyperpunk 2077」の穴埋めをしたいと思っているはずだ。既存のIPはこのタイトルと「ウィッチャー」の二枚看板であり、二つのIPで攻めるうえでそのうち成否がはっきりしない(発売前は成功すると強く思われていた)「Cyberpunk 2077」のほうのリカバリングが重要になっている。そのゲーム性をオープンワールドにうまく馴染めることの出来なかった点が、彼らの原動力になっているはず。コンベンションはその挽回のための絶好の機会である。

・もうひとつのIPである「ウィッチャー」シリーズの再起動

本シリーズ「ウィッチャー」は好評すぎるほど好評なゲームシリーズだ。「Cyberpunk 2077」の没個性化に伴って、再起動できうるIPをこれ以外CDは持っていない。既存のIPの活用、しかもキラータイトルの活用は彼らにとって必須要件であるはず。「Cyberpunk 2077」が新しい有力IPになるかどうかがわからない反面、「ウィッチャー」…こちらは今後も作りこみが比較的容易なはずだ。「ウィッチャー」シリーズ新作でゲラルト以外の”新しい主人公”を標榜する彼らにとっては制作体制も敷きやすいはず。

・最後の理由『多角化』

書籍化・映像化・スピンオフゲームの開発。これらに力を入れてきたCDはさらなる高みを目指そうとしている。まさにこれら『多角化』は、これまで彼らのビジネス展開の方法のうちのひとつだった。事業の上で失敗例として『多角化』が原因であることは多いが、むしろ彼らにとってはそれはチャレンジしがいのある仕事だ。それは今後もそうだろう。

懸念がないわけではない。あたしも同じ意見同じくしているかたとのチャットで驚いたが、多くの人、Netflixユーザが感じていることに『インターフェースの悪質さ』がある。ホンマABテストやってんの?って感じるぐらい、Netflixはインターフェースが甘すぎる配置だ。だから、「ウィッチャー」映像版ほどの良いコンテンツをいくら多く作っても、そのオンライン配給手法をなるべく最善のものにしない限り、事業の伸びしろを確保する上でうまくいかないはずだ。そのかたとのチャットで聞いたが、公式側に黎明期からいくら意見を送ってもなぜかここだけ彼らは反応を示さないらしい。

CDがNetflixと手を組むのであれば、お互い意見を言い合う関係であるべきだ。それがユーザの使いやすさに、利便性の改善に至ることを、あたしは望んでる。