アイドルマネジメントゲームアプリ「IDOLY PRIDE」6/24配信へ【CG・楽曲は高評価/ゲーム性は低評価】 | ゲヲログ2.0

アイドルマネジメントゲームアプリ「IDOLY PRIDE」6/24配信へ【CG・楽曲は高評価/ゲーム性は低評価】

6/24、アイドルマネジメントゲームアプリ「IDOLY PRIDE」がiOS/Android向けにリリースされた。ゲームはロールプレイングゲーム(RPG)のシステムに近く、タスクをこなしつつ、アイドルたちの夢を叶えるいわゆるマネージングシミュレーション・支援系のゲームになっているという。アイドルの卵たちの夢叶えるため、マネージャーとなり彼女たちの成功を実現するのだ。トークにライブ、サイン会に握手会、チェキ会とな…

本アプリは同名のメディアミックスシリーズとして展開されているもののうちのゲームアプリバージョンであり、原案はQualiArts/水澄佳希 ストレートエッジ/安達薫 SATZ/花田十輝らによるもので、制作・発表はサイバーエージェント・ミュージックレイン・ストレートエッジの三社によるものとなっている。若手の声優を起用したアニメーションが先行して配信されていて既に12話が完結しているほか、漫画・コミックも販売されている。スタッフにはナムコ系の流れをくむ音楽制作集団であるMONACA所属の天才・田中秀和をはじめとして豪華な顔ぶれが並ぶ。キャラクターデザインにはQP:flapperを、CG制作にはLARX ENTERTAINMENTのスタッフを起用。業界でも名の知れたクリエイターをそろえた。

ユーザレビューでは、CG・楽曲を高く評価するものもありながら、システム不具合の面を厳しく指摘する意見・また、ゲーム性の単調さを示す意見が多く寄せられている。同じジャンルのものとしては、バンナムのドル箱「アイドルマスター」など代表的なタイトルが既に存在し新作も開発中である他、インディーゲー界隈でもSteamにて体験版配信中で近日本編公開予定の本格派アイドルマネジメントゲーム「Idol Manager」が高いゲーム性で存在感を示すなど、やはり同じジャンルでの良作も多い。

広く同じようなジャンルをたどれば、Cygames制作による”令和の怪物”「ウマ娘」があったり、他方、失敗して消えていったタイトルもかな~り多い。同じジャンルや似たようなジャンルでは局所的に成功するアプリもあれば、その”投機”に失敗するアプリもまた数多し。近年では、歌の持つ力を一つのテーマに取った、セガによる「サクラ革命」プロジェクトがアプリ配信早々にサクラのように散るなど、登場キャラのマネジメントどころか、ゲーム自体のマネジメントが問題という皮肉な結果に至ったものも数知れず。成否の傾向を分析するため、アプリを巡る事例研究・統計的な解析が進んでいるのが現状だろうナ。

※アイキャッチ画像:Twitterより