Steamerに「Hades」よりも「Neon Abyss」や「Blade Evolution」をお勧めする理由 | ゲヲログ2.0

Steamerに「Hades」よりも「Neon Abyss」や「Blade Evolution」をお勧めする理由

あなたがコントローラを握るUFOキャッチャーは『宝の山』?

例によって、理由は単純だ。

ハック&スラッシュに似通っているゲームシステムの面から言って、単純に「Hades」よりもこれらのゲームのほうが優れているからだ。たしかに「Neon Abyss」はどちらかと言えば、アクションシューティング寄りであり、ハクスラ寄りではない。だが、「Neon Abyss」と「Blade Evolution」に共通しているのは、ハクスラ系のインフレーション攻撃ギミックがしっかりしていることだ。この点で、この二作にはハクスラ寄りの武器・スキルのインフレ具合に似通っている点がある一方、「Hades」はどちらかといえばチマチマ削るインフレ以外の側面、つまりスキルデフレーションが強すぎることが問題なのだ。

「Hades」はたしかにランダマイズレベリングの構成に優れているし、ビジュアル性も優れている。だが、通常の敵であっても、かなり慎重な戦いが強いられ、厳密に言ってハック&スラッシュの痛快性に乏しいのが大きなデメリットだ。これはハクスラものとして、その根幹のギミックにあえて反しているようにしか思えない。ハクスラはバランス良いインフレーション性ある武器やスキルがあってこそハクスラになるものだ。発見が地味なものばかり続けば、そりゃつまらなくなる。「Hades」にはその点で大きな欠点がある。FPSで言う、CoDのスコアストリークシステムのような『プレイ過程での痛快性』に乏しいからだ。

「Neon Abyss」にはデザインセンスもある一方、アクションシューティングを超えたインフレーション攻撃ギミックの発見要素が頑としてある。例えば、このゲームはプレイ視点こそ横視点だが、やはりハクスラのインフレに強い影響を与える「Enter The Gungeon」のような発展的側面を感じる。あちらのゲームもインフレ能力は優れていて、『ああ、この武器が道中で強いんだ』だとか『この武器であれば、攻略に効率よいダメージをあの敵に与えられるんだ』といった感想を抱ける、いわばハクスラ寄りの感受性に敏感な設計性に優れていた。そんな”発見”が多くあったものだ!「Neon Abyss」も、また、そうである。

対して、たしかに「Blade Evolutuion」はビジュアルデザインでは「Hades」「Neon Abyss」に対して、若干ドットがかりすぎている側面はある。だが、バランスを加味した上でのインフレ能力やその発見といった、前述したようなハクスラの基礎・基盤という面でやはり「Hades」よりも優れている。イケイケどんどんでステージを進めるのであれば、「Hades」はもうちょっと道中の敵の設計配置に思慮するべきだったろう。ボス戦はシビアでいいのかもしれないが、「Hades」にはその思慮が足りなすぎるがゆえ、爽快感がなく作業をダラダラと続けるようなゲームになってしまっているのだ。

何度も言うように、たしかに「Hades」は傑作だろう。クオータービューのハイセンスなデザイン・スキルスケールの大きさ…だが、「Hades」は「Dreamcreaper」にはその芸術的センスでは及ばず、「Curse of the Dead Gods」にはそのゲーム性の違いで差をつけられている。そして今回『そもそもハック&スラッシュとは何か?』という根本的な定義の点で「Neon Abyss」や「Blade Evolution」に”負けている”のだ。だから「Hades」はなんだかんだ言って”傑作でありながら中途半端”であり、”飽きが早い”わけだ。デザインには優れこそ芸術性というまでは至らず、ソウルライクな戦術性はあまりない、しかもハック&スラッシュに必須であるバランス性を踏まえた上でのインフレーションへの理解が乏しい、この三点で、今回挙げた他の4つのゲームコンテンツと比べ劣っている…とあたしは評価する。

様々な意見があるだろう。「Hades」はもっと楽しいはず!こっちのほうがずっと優れている!そういう意見だ。だが少なくともMetascoreでこの「Hades」が90以上を取るのであれば、今回事例に挙げた他の4つも90並み・あるいは80台強の高い評価が出てもいいはずだし、他の隠れた名作にもそれぐらいの評価があっていいはずだ。「Hades」だけを過大評価することは…やはりできない。

※Source: Twitter