「Blood Bowl 3」6月初頭クローズドβ開始へ~本リリース9月か~ | ゲヲログ2.0

「Blood Bowl 3」6月初頭クローズドβ開始へ~本リリース9月か~

登場種族の紹介がNaconのYouTubeチャンネルから随時発信され始めるなど、開発自体は順調なようだ。パブリッシングに開発元Cyanideと国籍を同じくする仏Naconが付き、日本語環境で傑作を遊べるチャンスは確実に広がっている。

Steamページが大幅に更新され、日本語情報が活発に発信されるようになってきた、シリーズファンにとって神ゲーとされる期待作、ダークファンタジーACTアメフトゲーム「Blood Bowl 3」…そのクローズドβテストが6月3日から開始されるという報が入ってきた。このクローズドβテスト期間はどこを標準日時とするか不明なものの、6月3日から同月13日まで十日間もの間実施される予定と、かなり”大盤振る舞い”な様子だ。公式サイトではそのレジストリングを現在募集している。

簡単なメールアドレス・誕生日・ボドゲ版も含めた同シリーズのプレイ経歴を入力するだけで、登録は終了する。前回、ファメが伝えたように、日本語実装もされることも、やはり既定路線らしい。事実、同作のSteamページには日本語の解説が充実、付記されている点に注目したい(以下同ページより引用)。

残忍で、奇抜で、戦術的…これこそが「BLOOD BOWL」!大人気のデススポーツが、新コンテンツと共に最新のボードゲームのルールを忠実に再現したファンタジーアメフトゲームとなって帰ってきた。チームを作成して敵を殲滅し、罠を仕掛けてトップを目指そう…対戦相手は墓地に取り残せ。

同作はボードゲームを基盤とするWarhammerシリーズの中でも屈指の人気を誇るデジタルゲーム。前作の反省を踏まえ、ラダーシステムやマネジメント周りの改善を図ったほか、ソロプレイ環境の充実にも力を入れているという。またボードゲーム版の最新ルールを実装したということで、ある程度の評価しか買えなかった”2”よりもより展開力に含みを持たせているといえるのではないか。

同作「Blood Bowl 3」はCyanideが開発、Naconがパブリッシングを担当(双方ともにフランス勢)、昨今の情報によれば、以前リリースは今年8月と延期されていたが、いつの間にかどういうわけか9月表記に代わっており、Q1春のころから算段すると再々延期といった感じになる。だが、β開催ということが象徴するように開発は着実に進んでいるようだ。

※アイキャッチ画像:Twitterより