ガジェットレビュー「Razer Hammerhead Pro V2 マイク付きゲーミングイヤホン」 | ゲヲログ2.0

ガジェットレビュー「Razer Hammerhead Pro V2 マイク付きゲーミングイヤホン」

今回レビューするのはレイザー製のゲーミングイヤフォン。よくアマゾンランク上位に上がっていて、ネットショップ利用者ならば見かけることの多い同社製イヤフォンの代表格だそうだ。

タイムセールで仕入れた品物。このレビューを簡潔にまとめる。

箱を開けるとこのような構成になっている。かなりギッチギチに詰まれており、取り出すのが大変だった。箱の開閉には耐久性が強そうなマジックテープが使われていて、やはりお値段相応の高級品なだけはある。

レイザーのスタンダードモデルだと思う。構成としては、イヤフォンとインラインマイク本体、オーディオジャックにつながるピン変換ハブ、あとケース。ケースの中にはイヤフォンの先っちょを付け替えるいくつかのオプション品が入っているほか、このケースの中にイヤフォン全体を閉まって持ち運びできる、というコンセプト設計らしい。

インラインマイク付きイヤフォンという、この手のガジェットを手にするのは初めてなので、説明書きを見るまではどこがマイク部分なのかがわからなかった。マイクってコレのことなんですね。

ちょっと聞いてみたけど、やっぱり音域が広い。とてもクリアで深みのある音が楽しめる。マイク設計も良好で、どもども声のあたしでも、”しゃべった声がごく自然と馴染むように相手に伝わる”ような感覚がある。むしろこれまで使ってたマイクがゴミに見えるほど。前までは、どもってた声はどもったまんまかより不自然な低音に『閉じられていた』けど、このマイクはごく自然に自分の声も確認できて、今後ボイチャをするにあたり、いい買い物をしたなという感じ。

説明書きにもしっかりと書かれている。一見、音声調整ボタンだけに見えるが、インラインマイクとの機能を兼ねている…ということらしい。なお、右はレイザーオタにはなじみの深い同社のシンボルステッカーだ。

音声調整+-だけじゃなくて、次曲への飛ばし(中央部ダブルタップ)・前の曲への飛ばし(中央部トリプルタップ)などいくつか、場所とタップパターンで分けられた操作を、わざわざ接続先のガジェット本体でしなくてもいいように設計されている。Android端末やiPhoneユーザなどは、慣れればかなり使えそう。最後気になった点一点だけ。ケーブルが短めであるという点だけはデメリット。PCに付けてるとき、気を付けて使わないと、誤って肘とかで引っ張って壊れる可能性はある。

さて、本製品はアマゾンにもある通り、いくつかのバージョンがあるので、それをよく考えて買ってほしい。例えば接続がUSB-Cタイプのやつがあったり、Bluetoothで繋げられるやつがあったり、さらには、ノイズキャンセリング機能のついたやつ(より高額)があったりするので、あわてて間違って購入せずに、必ず自分の接続環境を確認してから買ってほしい。

※アイキャッチ画像:Razerより