この世を忍ぶ電波系美少女バーチャルインターネッツアイドル文野純がメッタメタ遊んでメッタメタ考えて勉強するゲヲログ姉妹サイト...

2020年12月よりゲヲログ管理人ファメを寄稿者として迎え入れ、ゲヲログ2.0と部分的統合に至る。同時期に広告を全廃。

連絡は渉外課ファメのツイッターまでどうぞ

「ADOM」ローグライク最高傑作、アルティメットverになり”帰還”…

「ADOM」ローグライク最高傑作、アルティメットverになり”帰還”…

ローグライトの最高傑作が「Hades」ならば、ローグライクの最高傑作は「ADOM(Ancient Domains Of Mystery)」であろう!昨日、そのアルティメット版である「Ultimate ADOM」がとうとうSteamで、早期アクセスタイトルとして配信された(原盤と違い有料)。君も、カオスの軍勢からアンカルディアの人々を救うのだ!副題は、”Caverns of Chaos”とついている。で、どんなゲーム?アルティメット版になって何が変わったんだ?ってとこだが…

もともとの原盤である「ADOM」は生粋のローグライクとして、1994年にリリースされた、25年の歳月を経る古参古株だ。アスキー文字で当時は展開されたものが、アルティメット版では基本、graphicalな形で展開・販売される(が、アスキー文字でプレイしたい!という方々にもその表示オプションの実装がなされている)。海外で、原盤はメジャーローグライクの一種として認識されており、国内でもローグライクの中でも屈指の完成度を誇る!として、同ジャンルの中でも最高峰として挙げるファンは多い。

え、原盤から変わらない点・変わる点を教えろヨッって?それは…?

まず、職業・ジョブ選択に始まり、スキル・タレントといった基礎能力及びその拡充に豊富な選択肢があるのが本作の特徴。数百を超えるこれらのパークの組み合わせにより、ローグライクにロールプレイの充実さを呈することのできるゲームになっている。そして、ローグライクの上に、NPCとの関係性を紐解くキーとなる、重要なクエストシステムを搭載しているのも特異な点だろう。

アルティメット版では、更なる新規モンスターの追加・選択できる種族の追加・スキルを駆使する”賢い”敵AIの実装・食物とその欠乏による空腹システムのADD、とアップデートの種別、枚挙にいとまがない。まさに最強のローグライクを目指そうとするロードマップが敷かれている(なんつったって、この完成度でまだ早期アクセスだからね☆)。

世界最強のローグライクで、最高峰のバランスを誇るという本作は、ありとあらゆるゲームの中でも、全てのエンド回収をするのに当たっては、最恐クラスの鬼難易度を誇るらしい…ま、早期アクセスだし、システムも刷新していくだろうから、どういうゲームにこのADOM究極版が完成するか?今から見ものってもんだなw

※アイキャッチ画像:Ultimate ADOM FBページより