この世を忍ぶ電波系美少女バーチャルインターネッツアイドル文野純がメッタメタ遊んでメッタメタ考えて勉強するゲヲログ姉妹サイト...

2020年12月よりゲヲログ管理人ファメを寄稿者として迎え入れ、ゲヲログ2.0と部分的統合に至る。同時期に広告を全廃。

連絡は渉外課ファメのツイッターまでどうぞ

”グロいシューティング”という問題児

”グロいシューティング”という問題児

「SCORN」が2019年リリースを諦めた順延発表から半年が過ぎた。今回は、その順延そのものを問題視するつもりはないが、こういったグロい雰囲気のコンセプトに基づいたシューターについて述べてみようと思う。こういうゲームって”もちろんアリ”なわけだけど評価・セールス上成功するには、バックグラウンドに難しい点があると思う…そういう点。

もともとこういった雰囲気だけで押せ押せで行く独自路線ホラーシューターってのはあったことにはあった。古くから現在進行形のゲームも含めれば多く”ある”。例えば、古くはダークヘルカンパニー(現アストロポート)のグロキモSTGの金字塔かつ超傑作の「PsycheMetal The BLEEDING」があるし、Steamには高難易度ヘルマスターFPS「Devil Daggers」など地味に成功した事例もある。一方、ポシャったゲームも数知れず。「Agony」はその代表だろう(メタスコア47…)。「Atomic Heart」がどうなるかは不透明だが、コンセプトだけのゲームって受けの良い部分をしっかり作りこまないと雰囲気だけ流れて、”あれ?これゲームだっけ?”っていう正当な評価につながりにくくて売れない傾向になりがちな点があると思う。

問題なのは、その分岐点の判断が非常に難しい…ということだろう。例えば、似たようなゲームに「Year Of The Ladybug」がある。これは『コンセプトアートだけでは売れない』と批判されキャンセリングの帰途に立たされたが、有能なゲームクリエイターが協賛を募ってなんとか引き繋いだ事例だ。この様子をニコニコニュースはこのように伝える。

アートディレクター、コンセプトアーティストであるデイヴ・カン氏は、『Year Of The Ladybug』の動画「The Journey of Year of the Ladybug and a Big Announcement」をYouTubeにて公開。とある日本人の経験豊富なプロデューサーと接近し、ホラーゲームの計画が進行中であることを明らかにした。

動画には日本語字幕をついており、カン氏から本プロジェクトの趣旨を説明。2017年に正式に開発中止したプロジェクトだったが、本作のコンセプトアートに魅了されたファンの熱い要望もあり、『Year Of The Ladybug』プロジェクトを継続することを決意したとのこと。

<中略>

注目を集めたのは、そのアートデザイン。カン氏の才能がいかんなく発揮された、狂気的でグロテスク、奇怪ながら恐怖を感じさせるアートデザインで、世界中のホラーゲームファンから大きな反響があった。

コンセプト動画内で、カン氏は共同開発者を募っていたが、開発会社を見つけることはできず、惜しまれつつも2017年に開発中止が発表。翌年には、カン氏は本作のアートブックをクラウドファンディングを通じて販売している。このアートブックは未完、未発表に終わったゲームながら、日本でも入手した人が多くいたほどだ。

狂気のホラーゲームプロジェクト『Year Of The | ニコニコニュースより

デジタルコンテンツがロングテールのような様相を見せ、tという時間軸を通じ、未来に向けて不確実性を増加させる方向に向かえば、セールスはどうなるか、実際、帰結してみなければわからない面もあるだろう。計画性や損益分岐点などの詳細を煮詰めるマネジメンターとして用意すべき別な違った面もある。ジャンル違っても、某人狼ゲームのように、なぜヒットしたかはわからないが、全くヒット”してなかった(過去形)”のに後日大ヒットした…というポルナレフ状態のゲームまである。

ゲームのコンテンツ性として雰囲気を作るのはたしかにすごく重要なことだ。だが、セラー(売り手)に見せた資料が一義にすべてを決めるわけではないし、一方でそれがセールスの結論を先送りしたり、予見したりできるわけでもない。ホラーもののゲームってのは結末を描いてはいけない≒エンディングは不透明にしておかねばならないという大原則もある(「F.E.A.R.」はそれを忠実に守って成功した)。そういう中で、ゲームの本質・そのプラトン的イデアを探る動きはすごく難解な価値判断になっていってしまう。

あたしとしては結論から言って、『売ってみなければ売れるかどうかはわからない』という不確実性が極めて強い、いわばブラックスワンの理論に基づいた非線形な未来予測よりの立場をとっていると自ら、自認している。ゲーム市場における戦争、売り上げ競争そのものは、実際の戦争の結末と皮肉にも同じだと思う。信長が、桶狭間の戦いで勝つとは到底思われなかったように、ゲームのコンセプターが描くアートのようなあいまいで、とらえにくいゲームのセーリング実績という数値もまた『戦場の霧』に囲まれているに過ぎない。

周囲の空気を読むことが求められる、”KYであるべきじゃない”ホラーシューターというジャンルも、ごく当然のように同じなのだ。

※アイキャッチ画像:Psyche Metal: The Bleeding for Windows (2004) – MobyGamesより