この世を忍ぶ電波系美少女バーチャルインターネッツアイドル文野純がメッタメタ遊んでメッタメタ考えて勉強するゲヲログ姉妹サイト...

2020年12月よりゲヲログ管理人ファメを寄稿者として迎え入れ、ゲヲログ2.0と部分的統合に至る。同時期に広告を全廃。

連絡は渉外課ファメのツイッターまでどうぞ

Steamerに「Hades」よりも「Dreamscaper」をお勧めする理由

Steamerに「Hades」よりも「Dreamscaper」をお勧めする理由

Steamerに「Hades」よりも「Dreamscaper」をお勧めする理由…答えは単純だ。ビジュアル面で非常に優れているほか、システム的にも斬新だからだ。

まず、「Hades」はハックアンドスラッシュの要素がでかく、リプレイ性の面で『飽きちゃう』という欠点を抱えている。たしかに、「Hades」が極めて良くできた素晴らしいタイトルであることは認める。ただし、リプレイしていく中での”発見性”に乏しいのだ。これはハックアンドスラッシュの弱点であり、その要素をローグライトと重ねて設計してしまった「Hades」唯一の欠点だ。娯楽性が高く面白いゲームであり、”圧倒的好評”を得ているのも納得はいく。ただし、すべてがそのほかのローグライトに勝っているわけではない(ローカライズの問題は別としても)。だから傑作とは言えない。名作だ、とは言っておこう。

あたしがよく「Hades」と比較するのは、「Dreamscaper」である。このゲームが「Hades」より優れているのは、グラフィックをはじめとするデザインセンスの点である。このゲームは美術性が高いので、デザイン面で優れている。まるでそれは一つの絵画が作られていく様子を見ていくようなものなのだ。そして、なんといっても、システムが極めて斬新だ。夢と現実世界を行き来し、その到達点・実績点でゲームプレイ自体の行方に影響する…というゲームシステム設計は斬新すぎて、他のゲームのコピーに留まらない要素がある。

昨今、”ゲーム”には模倣品が極めて多い。例えば、『デッキビルド系カードゲーム』というジャンルがStSによって創始されたのを初として、コピー品が極めて多く、このジャンルの”硬直性”までをも作ってしまった。イノベーションは模倣だけからは生まれない。模倣を独自に解釈し、発展させればイノベーションは生まれるかもしれないが、模倣そのものだけにこだわっても意味がない。

ファメは「Hades」「Risk of Rain 2」を絶賛しているが、あたしはこの意見をまともに受けることはできない。むしろ、マイナーだが「Dreamscaper」のほうをお勧めする。「Hades」の”スコア”が93ならば、「Dreamscaper」の”スコア”は89でなく、95に匹敵する。この高級志向の業界の中で、ゲーム性vs美術性では、後者が勝つ。それぐらい「Dreamscaper」は希少なゲームなのだ。

※ロゴ:Afterburner Studios公式プレスキットサイトより

☟こちらもどうぞ(関連記事)
Steamerに「Hades」よりも「Curse of the Dead Gods」をお勧めする理由