この世を忍ぶ電波系美少女バーチャルインターネッツアイドル文野純がメッタメタ遊んでメッタメタ考えて勉強するゲヲログ姉妹サイト...

2020年12月よりゲヲログ管理人ファメを寄稿者として迎え入れ、ゲヲログ2.0と部分的統合に至る。同時期に広告を全廃。

連絡は渉外課ファメのツイッターまでどうぞ

カードデッキ系RPG「Chrono Ark」詳解プレイレポート 序盤~中盤の攻略『修行の章』

カードデッキ系RPG「Chrono Ark」詳解プレイレポート 序盤~中盤の攻略『修行の章』

前回のレビューに続き、中盤までの攻略の肝となる点をあたしなりにまとめてみた。

・アイテムの取捨選択は大胆かつ慎重に

アイテム屋で600Goldする「鍵」を使うタイミングはかなり重要。的確な判断で手っ取り早く強化アイテムを取りこぼすことなく進行するのが、序盤のミソになる。このようにリスク管理を念頭に入れた、アイテムの取捨選択は重要だ。初めてこのゲームを手に取ったプレイヤーにとって貴重なのは、まず、HPや攻撃力と大幅にアップできるアイテム(や装備類)だろう。

使い切りのもので重要なのは、防御系フィールド=シールドを全体に張れる丸い網状のアイテム。最低でも中盤までに2・3個確保しておきたい。この頃になれば、レアスキルも覚えられ、攻撃にその能力を十分発揮できるので、あとは守備力を手っ取り早く発揮できるアイテムがあれば、粘り勝ちできる。

ゲームを始めたばかりの人はどちらかというと、ボスへの攻撃が間に合わずに負けこむシーンが多いはずだ。序盤の壁は、間違いなく「魔女」か「ゴーレム」なので、こいつらの波状攻撃にさえ耐えられれば、十分リスクを低減させたうえで効率良く後半の戦いへと突入できる。

600Goldの価値の重みを知り、システムの醍醐味を知ることからすべてが始まる。経験して負けて覚える。
これローグライト(ク)の一番おもろいところよね♪

・魔女対策が序盤の肝

Joyの「回復の蒸気」は魔女の特殊能力である負荷系のじわじわとした攻撃に対してとてつもなく有効だ。全キャラクターの一ターンあたりのダメージが、(-5)+4=(-1)となり、その魔女の負荷カードの効力をターンごとに分散させてしまえば、粘れる。魔女を四回倒す目途が立ったら、この記事からはもう卒業していいだろう。

攻撃面で強力なものを持っておくのと同時に連発系のトリガー技を多く持っておくのも重要だ。剣技、特にスラッシュ系の技や、銃技、特にリロードシステムが肝となってくるだろう。召喚技には全体技で対処し、適宜魔女オンリーワンにしたところを、徹底的に単一技で叩くのだ!(魔女に安定して勝てれば、中盤へ効率よく進めるようになっているはず…

最初のうちは、基本的に出し惜しみはしないほうが良い。出し惜しみして負けたら後悔するだろうが、出して負けたら後悔はしない。重ねて言うように、シールドは重要な要素だが、Joyの全体回復魔法もかなり強力だ。だが、Joyに頼ってしまえばしまうほど…ゲームの中盤以降で攻撃面で不足を感じるのも事実…

・隠された要素を見逃さない

実は、特定の巻物はマップ上で木々に隠されたアイテムを発見できるチャンスになったりする。ほかにも献上オブジェにパンを献上すると、なんらかのアイテムとパンを交換することができたり、砲台のようなオブジェでもアイテム交換ができる。属性付与の魔術オブジェや錬金オブジェの使いどころを覚えたら、他のオブジェの活用にも果敢に取り組むべきだ。これぞ、リスクテイキング…(?)

この状況でもキャンピングができるならば問題がない。なぜならキャンプで失ったキャラクターも小ライフで取り戻せるからだ。実は、このキャンプのシーンでパンのみならず巻物も使えるので、これらのキャンプアイテムを豊富に持っておくのは、決して悪い選択ではない。

アンロックの要素が大きく、いかにもローグライトらしいローグライトになっているのがこのゲームのいいところ。負ければ負けるほど、勝つチャンスも広がってくる。EAを抜けたころ「Chrono Ark」がどれだけの評判を稼ぐか、今から楽しみだ。

☟こちらもどうぞ(関連記事)
Steamで早期アクセス配信中、カードデッキ系RPG「Chrono Ark」詳解プレイレポート『鬼の章』

☟こちらもどうぞ(関連記事)
カードデッキ系RPG「Chrono Ark」詳解プレイレポート 序盤~中盤の攻略 その(2)『啓発(ヒント)の章』

※画像類はゲーム「Chrono Ark」内から引用させていただきました。

(蛇足)地味にA/Bテストやらせていただいてます。体裁が整ってないのはその検証のためです…(*´Д`)