この世を忍ぶ電波系美少女バーチャルインターネッツアイドル文野純がメッタメタ遊んでメッタメタ考えて勉強するゲヲログ姉妹サイト...

2020年12月よりゲヲログ管理人ファメを寄稿者として迎え入れ、ゲヲログ2.0と部分的統合に至る。同時期に広告を全廃。

連絡は渉外課ファメのツイッターまでどうぞ

3DSTGの風雲児となるか?「Cygni: All Guns Blazing」にかかる期待

3DSTGの風雲児となるか?「Cygni: All Guns Blazing」にかかる期待

本作は3DSTGの白眉になれるかどうかが試される試金石になるだろう。

STGは視認性の問題からして3D化されない傾向にあるのはSTGファンならばよくよくわかる論理だ。私もDiscordで様々なシューターの意見を聞いたが、2Dはこの種のゲームにおいては技術的な問題が克服しやすいらしい。問題なのは、”3D特有のグラフィックスのぼやけ”だ。背景との区別やデザインの”あまさ”がでなければいいのだが、3DはSTGと、この部分で親和性がないことが多い…というわけだ。ただし、常識を超えるハイクオリティ・高く明確な視認性が伴えば、3DSTGは、むしろ革新的になるかもしれないポテンシャルがあると感じる。

たしかにこの問題をこれまでに克服しようとした新しいSTGはなかったことはない。Steamで3DSTGといえば、「Rigid Force Alpha」「Sine Mora EX」などが有名で事実私も”持っている”。特に純粋な3Dではないものの、それらしき”ライク”の要素を持つ「SkyForce」シリーズの特徴性は特記すべきこと点だ。ただし、いずれの3DSTGゲームもやはり”ぼやけ”をはじめとするグラフィックデザインの”あまさ”が出てしまっていて、高解像度の問題だとか革新的なシステムをともに実装すること、けっこう難しい面が出て、あくまで小物であったものが多い…

この難問に問いを投げかけるタイトルは存在する。国内のdevが手掛ける伝説のSTG正統進化作「R-TYPE FINAL 2」とともに、あちら側のかたが作っている「Cygni」は解像度に”超”を持ち込む勢いがある。たしかに前者はR-Type系のシリーズのシステムを盛り込んだゲームであり、前例をある程度は踏襲するだろうが、「Cygni」のほうは萌えキャラデザインを3D高精細なものにし、全方位のシューターとなる見込み。STGは既存のシステムの焼き増しであることが多く、成功するにはかなりの斬新さが求められるジャンルだと私見では思う。

そこに”超”解像度を謳う全方位シューである「Cygni」がどれだけ切り込めるか、そこが3DSTGの分水嶺になるような気がしている。スコットランドのVFX集団、ゲームというジャンルでその真価が問われる一作だ。

まぁ、これはあくまで個人的な意見に過ぎないんだけど…