この世を忍ぶ電波系美少女バーチャルインターネッツアイドル文野純がメッタメタ遊んでメッタメタ考えて勉強するゲヲログ姉妹サイト...

2020年12月よりゲヲログ管理人ファメを寄稿者として迎え入れ、ゲヲログ2.0と部分的統合に至る。同時期に広告を全廃。

連絡は渉外課ファメのツイッターまでどうぞ

PS5は買うべきか?【ひろゆき、Xboxの日本市場について語る】

PS5は買うべきか?【ひろゆき、Xboxの日本市場について語る】

動画内でひろゆきがXboxの市場性について語っている(上述の動画で秒数指定してあるから再生だけでその部分を聞ける)。その主張をまとめると、彼自身がかねがね簡潔に、正しい根拠を基に理論づけているように思える。

・「国が成長するかどうか」は本質的な問題ではない

・日本国民の状況が世界的に豊かになるにはそれなりの人口が必要

・ゆえに人口維持は絶対的に必要だ

・経済の悪化に伴い治安も悪くなるだろう

・近いうちに日本は世界市場から取り残される

・MSはXbox系のゲーム機を日本では売れなくてもかまわないと思っている

・経済状況の維持がなければ国民は豊かにならない以前に幸せにすらなれない

さて、PS5の予約販売をめぐって業界の話はヤンヤヤンヤだ。定価は抑えめで高いといっても、五万円あれば買える値段設定。果たしてこれは「買い」だろうか?ひろゆきの言っていることも含めて、ちょっと考えてみよう。

まず、PS5はおそらくコアゲーマにとっては「買い」ではない。フィラクシスなどの海外devも柔和になってきて、クロスプレイがかなりうまくいくようになってはいるものの、PCベースのゲームには勝てていない。これには制作環境をめぐる問題が原因であったり、ゲーム機は以前と比べればマクルーハン的に拡張されたものの、いまだ『ゲーム専用機』であることが原因であると思われる。

例えば、ゲームを作るためのアドビ社のソフトウェアを駆使するにはPCベース、WindowsかMacの環境が必要であり、ダイレクトにつながるPCのほうが先だって情報が入手しやすいという理由もある。だからPS5を買って、この5年間凌ぐのであれば、インテルかサイコムからBTOで10万~15万円程度のグラフィックスに強みあるスペックのPCを買ったほうがいいと俺は思う。

どうしたってPS6の存在が将来的にあり、シームレスに結合できる点でもPS4~5~6と比べれば、PCベースのほうが有利だ。Sonyもこの辺りわかってきていて、だからこそ「PS Now on PC」なんていうサービスも出してる。これからはCS機は廃れる一方だろう。PG経験も積めてITツールも自由自在に無料で使える環境が整いつつあるPC環境と比べれば、あまりに自由度がなさすぎるからだ。さらに、Sonyに追い打ちをかけているのが独自のスタイルを保つ任天堂だ。IPに強みを持ち、独特な感性を持つ世界で唯一のゲーム会社…だから、任天堂は今後もグローバルに通用する特別な”例外枠”といえるスタンスを保つはずだ。『ゲームはゲームじゃない、だがゲームはゲームである』

既にひろゆきが言っているとおり、MSはCS機の日本市場を見放し、Steamと連携したWinストアにプラットフォームを越えて統合する方針だ。日本市場はある程度、配慮して抑えておく程度で、利ザヤは日本以外の市場に移るだろう。たしかにPSは4に至るまでグローバルに売れ成功してはいるが、その牙城が崩れない保証はない。WinPCだけではなくMac/Linuxのノウハウを持つ、あらゆる企業の中で”偉大なIT知性体”であるMSは依然として、コンピュータの存在する場所で普遍的な強い力を保っている。日本市場にナディラがどこまで本気かはわからないが、おそらくその気ではない。学識者の間で取引されるキネクトは確かに革命的なツールだったが、日本ではそれに気づかなかった一般ユーザがあまりに多すぎた(この点を強く悔やむ工学者は多い)。ここまでがミクロ的な理由である。

あと残された課題、マクロ的な理由・問題は、まさにひろゆきの言っていることのとおりで、日本市場がオワコンである以上、そこからとるだけの利益もそのための努力も必要ない。俺も大学院時代の先輩にMSの取締役がいたけど、統計系の勉強をして、本質的な知性を得て、アメリカ法人の本社勤務に移った方だった。彼なりにエクセルの改良作を教員の指摘を得て見出したようだ。担当教員はその点を”強く買っていた”。そういった実学の体現者は日本がオワコンであることをある程度承知している節があったようだ。日本法人はあくまで米国法人の支部なのだ。日本発のグローバルアイテムの代表格であるPS4~5やその後継が、今後も永きに渡り継続して成功し続ける保証はない。

環境の立場から言っても、企業経営の手法の立場から言っても、また、中長期的な常識的な立場から言っても、PS5は「買い」では”ない”。ましてやあらゆる策を講じて、急いで調達するほどでもないし、転売ヤーから30万円拠出して手に入れるツールでもなんでもない。これからは、CS機を買うべきでなく、Win以外でも科学技術面でも強みを持ちはじめているMac含めた、”PC環境”そのものを買うべきだ。そのほうが(上手く使いこなせればという条件付きだが…)子供の教育資源にも教育のための投資にもなるだろう。言ってしまえば、ゲーム機を買うときと、PCを買うときとで、メリットの種類が相違いすぎるのだ。MSも任天堂もそれに気づいているが、Sonyは気づいていて気づいていないふりをしているように思える。