この世を忍ぶ電波系美少女バーチャルインターネッツアイドル文野純がメッタメタ遊んでメッタメタ考えて勉強するゲヲログ姉妹サイト...

2020年12月よりゲヲログ管理人ファメを寄稿者として迎え入れ、ゲヲログ2.0と部分的統合に至る。同時期に広告を全廃。

連絡は渉外課ファメのツイッターまでどうぞ

PS5/XboxOneX 読売新聞のゲーム記事解説がおかしい(?)

PS5/XboxOneX 読売新聞のゲーム記事解説がおかしい(?)

今朝の読売新聞の10面を見ていて思ったことがある。

この記事はPS5がネット専用機版として安価な形で手に入る、というハードウェアのサービス性について述べたものなようだ。同時に任天堂の3DSが生産終了という記事が掲載されていて、これは脇記事になっている。

問題なのはXboxシリーズの新機種がすべてXboxと表記され掲載されている点だ(本来はシリーズXもしくはシリーズSと表記すべきところだろう)。具体的に言うと、画像で掲載されている部分には、そのシリーズXとシリーズSとが混同され表記されていて、どちらとも「マイクロソフトのXbox」という字幕がついている。

さらに図表、PS5と併記されている部分に『Xbox』とだけたしかにある。これでは初代のXboxなのか、新機種の新シリーズのことを言っているのかまったくわからない。シリーズXとシリーズSの区別も記事を見ただけでは同類に扱っていて、よくわからない。これでは、新聞社として致命的なミスだといえないだろうか?

そもそも、シリーズXとシリーズSとではコンセプトが全く違うわけで(仮に安価なPS5ディスクレス版があったとしても)PS5そのものと、Xbox双方のシリーズとを単純に併記し、そのまま比較すること自体に無理がないか?興味がある方は今日(2020年9月18日読売新聞朝刊)の10面を見てほしい。

小生の勘違いであればご指摘願いたい…