この世を忍ぶ電波系美少女バーチャルインターネッツアイドル文野純がメッタメタ遊んでメッタメタ考えて勉強するゲヲログ姉妹サイト...

2020年12月よりゲヲログ管理人ファメを寄稿者として迎え入れ、ゲヲログ2.0と部分的統合に至る。同時期に広告を全廃。

連絡は渉外課ファメのツイッターまでどうぞ

「Star Renegades」日本語サポートはあるか?

「Star Renegades」日本語サポートはあるか?

時間制限のあるローグライトRPGということで期待作として4gamerの奥谷が評している本作。日本での邦語化パブリッシングはあるのか?パブリッシャのRaw Furyこれまでの担当作を踏まえて、簡潔に説明しよう。


経緯をめっちゃ端折って伝えるとこうなる。

★Raw Furyがパブリッシングを担当。当初、Steamページにも日本語対応の記載あったが…

★その後、同ページでは日本語対応記載がなくなる。

★ただし、ビットサミット(BitSummit 7 Spirits)で展開した時は日本語での展示があった。

というだけのことなのだが、おそらく日本語対応はあるだろうと個人的には思っている。パブリッシングを担当するRaw Furyは、かの傑作Dandaraをはじめとして、日本語ローカライズにそれなり積極的だ。これまでの彼らの担当したゲームのコンソール版、邦語化されたものが発売されたものだけに絞って、傾向を簡単に確認してみよう。

Atomicrops⇒Switch・PS4(今月9月中旬発売予定)

Mosaic⇒Swtich

Kingdom: Two Crowns⇒SwitchPS4XB1

Bad North⇒Switch

Dandara⇒SwitchPS4XB1

Kingdom: New Lands⇒SwtichPS4

GoNNer⇒Switch

とあり、確かにパブリッシングのRaw Furyの担当しているゲームすべてが日本市場にローカライズされた上で投入されているわけではないものの、かなりの数の日本語対応版がSwitch・PS4のコンソールにも国内向け投入されていて、期待は十分できる。特にKingdomシリーズのように、IP買収後、強い姿勢で売り込みが為されたものもある。さらに、Dandaraのような芸術的な2DACTゲームも、しっかりとコンソール版を日本語対応したうえで同じように日本向けに発売している。

(前もって言っておくと、これは推測の域にすぎないのだが…)おそらく、Star RenegadesもPS4版は日本語対応したうえで、鉄板タイトルとして配信されると思う。次にSwitchに来るかどうかが問題だが、ゲームイメージのインスピレーション・フィーリング的にはこちらのバージョンも邦語版が任天堂ストアにあっていいRPGだ。現状たしかにSteam版は日本語対応の枠が削られているものの、少なくとも、邦語化には基本的には期待していいのではないか?

※現段階(2020年9月9日)ではWinストア版は日本語化されてないようだ。