この世を忍ぶ電波系美少女バーチャルインターネッツアイドル文野純がメッタメタ遊んでメッタメタ考えて勉強するゲヲログ姉妹サイト...

2020年12月よりゲヲログ管理人ファメを寄稿者として迎え入れ、ゲヲログ2.0と部分的統合に至る。同時期に広告を全廃。

連絡は渉外課ファメのツイッターまでどうぞ

「マナザレイヲ」期待度トップクラスの国産インディーゲーム

「マナザレイヲ」期待度トップクラスの国産インディーゲーム

大手のメディアや周囲にあまり知られていない情報だが、サークル「虚ろ船」YouTube上に立て続けにアイデアノーツとともに新作ゲーム「マナザレイヲ」の情報を掲載している。この作品は俺が見てきたインディーゲーの中でも間違いなく、屈指の良ゲーになるだろう。

ポイントはいくつかある。

・耽美ながら洗練されたハイクオリティなグラフィック
・海のイメージを中心にした壮大な世界観
・カードアクティビティと融合した斬新すぎるACTシステム

一言で言えば、蓮田さんが開発するゲームはそのどれもがオープンワールドなどのありきたりのものではない、ということだ。ゲーマがゲーム内で自由であればあるほど、そのゲーマ自身が当該ゲームから本質的な自由をより多く引き出せるとは限らない。むしろ、サーニーも言うように、できることとできないこと・実装させる部分とさせないであるべき部分の区別が重要なわけだ。限りなく抽象的に言えば、ゲームに限定性は必要なのだ。

カードアクティビティの面から切り込むとどうだろうか?たしかにそのうちの多くの新作はローグライトデッキRPGであり新規性は既にもはやほぼなくなった。新規性のあるものは「DungeonTop」「One Step From Eden」ぐらいであり、カードに高度な戦術性を付加したものが前者、同じ要素にアクション性を付加したものが後者…という構図だ。「マナザレイヲ」はその中でも、本格的なリアルタイムアクションシューティングのジャンルに属するものでもある。蓮田さんの作るゲームはどれもオリジナリティにあふれている。氏の公開している短いトレイラーを見てみても簡潔に納得いく点である。

独創性、設計思想に優れるゲームであることは、Steamで300タイトル買ってきた俺が(勝手ながらw)保証する。間違いなくヒット作になるだろう。そして今からでも遅くはない…みんなバッカ―になって蓮田さんを応援しよう