この世を忍ぶ電波系美少女バーチャルインターネッツアイドル文野純がメッタメタ遊んでメッタメタ考えて勉強するゲヲログ姉妹サイト...

2020年12月よりゲヲログ管理人ファメを寄稿者として迎え入れ、ゲヲログ2.0と部分的統合に至る。同時期に広告を全廃。

連絡は渉外課ファメのツイッターまでどうぞ

バイオSS―少女とWilliamの婚約指輪

バイオSS―少女とWilliamの婚約指輪

SherryRE2RemakeRenderCROPPED
「あなたもゾンビ?」
少女は一人の女性に呼びかけるとその女性は答えた。

「私は人間よ。安心して。」
「ほんとに?そういうのがうじゃうじゃいるの…」
「本当に本当よ、ご両親は?」

ひとことふたことのやり取りのあと、少女は質問に答える。
「あたしの両親はUmbrellaの科学者よ。
お母さんはお父さんを探しに行ったの…」

女性―Claireという名の―強い瞳をした女性はさらに続ける。
「大丈夫、私が守ってあげるから。お父さんはどこにいるの?」

Outbreakの後わからないことがあまりにも多すぎる。
そのようにClaireは思うと、かの少女の次のか細い声を聞いてハッとした。
「パパはね…もういないの…」

Claireが”そのこと”に気がついた後、
何か心の深部で動く、元来人間だったあるものに対する疑念が生じた。
人間でもないが、怪物でもないもの。
その”もの”はつぶやくとClaireの背後に迫ってきた。

「SHERRY…」
心の闇から発せられたうめき声の音。
直後、Claire Redfieldの後ろから、
まだ原形をとどめている薬指の部分に確かに指輪が光る、
少女の”かつての”父の影が、今、浮かび上がった。

―その父の名Williamといったが―少女のかつての父、
Birkin家の天才はGに侵されたものに変化していたのだ。
Claireはその怪奇さを感じるとひとつボツンとつぶやき、
コンバットナイフ片手に闇迫る自らの背後を振り返った。

「何かが…やってくる…」

※本文に関する問い合わせはツイッターにお願いいたします。