この世を忍ぶ電波系美少女バーチャルインターネッツアイドル文野純がメッタメタ遊んでメッタメタ考えて勉強するゲヲログ姉妹サイト...

2020年12月よりゲヲログ管理人ファメを寄稿者として迎え入れ、ゲヲログ2.0と部分的統合に至る。同時期に広告を全廃。

連絡は渉外課ファメのツイッターまでどうぞ

バイオSS―死神HUNK

バイオSS―死神HUNK

HUNK_Revelations_2_Render
合衆国の静寂の街Racoonにて…

いつもそうだ。
あいつが帰ってくるときはいつでもあいつひとりだけだ。

発煙筒を焚いて建屋屋上にて待つ、
ガスマスクをつけたジャケット姿の男。
ショットガンだけ小脇に抱えた孤独に佇むその男を見て、
ヘリを操縦するUmbrellaのαチーム救援航空部隊の操縦士は思う。

その男”だけ”は生き残る。
いつでもだ。

仲間を無理に助けることなく、一人淡々と仕事をこなして来る。
どんなに困難で無理無謀なオペだってこなしてひとりで帰ってくる。
名を明かすことない、Umbrellaの直属の伝説部隊の隊長。
あいつのことを俺らは”Grim Reaper”と呼ぶ。「死神」のことだ。
Operation Racoon…
ここでの生還もあの死神に課せられたひとつの任務に過ぎない。
ヘリのOperatorは正確な操縦をこなし「死神」を機内へ迎い入れた。

「またあんたか…HUNK、死神の名は建前じゃないな」


”死神は死を未だ知らず”
”死そのものは死ぬことを許されない”
”(The death cannnot die…)”

今、ReaperのRacoonでの任務は、
閑静な街に鮮烈な禍根を残して去ろうとしていた…
※本文に関する問い合わせはツイッターにお願いいたします。