この世を忍ぶ電波系美少女バーチャルインターネッツアイドル文野純がメッタメタ遊んでメッタメタ考えて勉強するゲヲログ姉妹サイト...

2020年12月よりゲヲログ管理人ファメを寄稿者として迎え入れ、ゲヲログ2.0と部分的統合に至る。同時期に広告を全廃。

連絡は渉外課ファメのツイッターまでどうぞ

【ゲヲログ傑作劇場】続・ファンサブは死にゆくか?

【ゲヲログ傑作劇場】続・ファンサブは死にゆくか?

昔、妖精現実っていうサイトがあって(今もあるけど)、そこではファンサブの文化としての側面を記事にしたものがあった(ミラーサイト:http://deztec.jp/x/05/faireal/16-index.html)。ファンサブっつのは、アニメの字幕を翻訳したものを海賊版に載っけてようつべとかに投稿してたもんが起源なんだが(ちょー簡単に言えば)。それに対してファンダブってのもあって、これは英語圏の人がそれらの翻訳字幕を元に演技して載っけたやつ。後者は例の「Clannadの英語教材(笑)」で一時だけ有名になったよなwww

高度なファンサブはインタフェース系にも影響して(⇑の記事見てね!)、それらの翻訳文化は死なないというジャンルの規定を妖精はしていた。よーするに字幕っつのはバベルの塔から始まって、現代に通じるブツであって、これだけでも歴史的に見てもおもろいんだが(神話の中だけじゃなくてWikipediaはその歴史に詳しい)、「ファンサブは死にゆくか?」という記事で妖精が言ってたのは、「文化としての字幕付与が死ぬか?」と同意義だとしていたのを記憶している。

ここで妖精が提起していることで一番重要なのは、まずは、ファンサブの字幕部分だけをオープンソースにするってことだ。つまり字幕部分だけをオープンソースにする。その後ライセンサーの許可を後々にとって草の根のコミュニティーの中でこの字幕機能を残す…そういう建設的な意見だが、これははっきりいって無理なことだ。まず、理由は複雑だが(ファンサブのシステム自体が非常に複雑な権利構造にぶつかるため)、一概には(具体的な事例を上げてみれば…)こう言えるだろう。

・今や、動画の定額配信サービスがネトフリをはじめとして攻勢でしかも主流である。
・このライセンサーにのっとった情報財やサービスは強い文化力を持つだけでない。
・もちろん以下の引用画像のようにファンサブにも公式対応している。

※Netflixヴァイオレット・エヴァーガーデン第10話より引用。純正のファンサブ、それが商用サービスにのっかっているだけに正確なサブ付加が可能になっているわけだ。この民営化のご時世、ここから金銭的に利益を得る高級なサバーがいてもおかしくはない。「あなたの選ぶ人であればなんにせよその人は素晴らしい人だろう…」

・実際問題これはシットコムでも同じで、俺らに英語圏コンテンツのブツが逆輸入されたものもある。
・ネトフリの著作物でもこのように日本の声優が演じるものまである(サブどころかダブの逆輸入)。

※評論目的のため、Netflixの素晴らしいシットコム、アレクサ&ケイティシーズン1-1話より引用。

・財還元的にライセンサーにも利益をもたらすことで持続的なビジネスモデルがすでに構築されている。
・もはやファンサブもまた、重厚な推敲によって叩かれる杭なる存在なのが現実。
・彼らに仕事としてファンサブの業務を当てたりAIにそれを当てがしたりすればいい。
・これが岩盤規制民の力で破壊してイノベーティブにした「ファンサブのロールモデル」の完成である。

ファンサブは死なない。Netflix(とか)がそれを蘇らしたのだ。神の冒涜としてのバベルの塔への鉄槌は科学とビジネスの力によって打ち崩せる。人間の力は科学主義によって克服できるジャンルを増やした。

それが神への侮辱かどうかを論じる以前の問題として。


【~綾野の解釈~】

文化史としての字幕付加だよね。あたしとしては今見るとこの問題はほぼ事実上解決されているっていう立場ですね。フェアユースがなくても、引用はできる。引用の判例は実際まだ日本では出てない。ニコ動なんかは字幕付加が別レイヤーでなされているので、元ファイルの改ざんではない(同一件保持に違反しない)っていうスタンスだったけど、たぶん次以降、フェアユースがもっと認められる範囲が日本でも広まるだろうとみてます。

現にゲーム配信とか「ハイスコアガール」の問題とかほぼ事実上解決されちゃってるし。だから、本質的な部分は日本でも抑えられちゃってて、問題はその”値段”だと思うよ。あなたが字幕について、コンテンツについてどれだけの値を払うか?その価値があるのか?といういわば、消費以降の問題だとあたしは思ってる。ネットフリックスは事実、それに答えているよね。

※この企画【ゲヲログ傑作劇場】は、バーチャルネットアイドル綾野純がファメによる過去記事を微修正しながら復刻、過去記事の中でもより良くできた記事のみをトップに再掲するという企画です(しばらく続く予定…)。