電波系美少女バーチャルインターネッツアイドル文野純がメッタメタ遊んでメッタメタ考えて勉強するゲヲログ姉妹サイト...

メニュー⇒ ソフトウェア 思想評論 数学 書評 歴史 統計 雑感 馬鹿企画

誤解を恐れずいうと…サムスピを媒介して格ゲーは廃れる。

誤解を恐れずいうと…サムスピを媒介して格ゲーは廃れる。

サムスピ】なぜ格ゲーは過疎るのか? なぜスプラトゥーンは流行るのか? サムライスピリッツ オンラインの現状 SAMURAI SPIRITS – YouTube

この配信者のかたの言うてること、かなり興味深い話だ。ファメも懸念していたように、サムスピ新作が既に廃れつつあるのは事実らしい。この格ゲーやBBTAG・グラブルVS・GGSといった新しいアイデアはあることにはある(し、あった)。が、プレイ環境においてSteam版(PC版)とコンソール版とでクロスプレイしない方針が出て、あたしとしても諦めがついた。もう、アークですら信頼できないのか…

さておき、彼(上述の動画の配信者)の言っていることはまとめてみると、こういうことになる。

・格ゲーは強いほうが勝つという原則がある

・ボコられて奮起するひとじゃないと向いてない

・メンタルに強さが求められる実は「特殊なゲーム」

・スト2以降、本質的に流行った格ゲーは存在しない

・バーチャ以降さらにマニアック化

・鉄拳やDoAに蹂躙されていて意外な結果になっているのが現状

では、『スプラがなぜ流行った?FPSは今でもなんで流行ってる?』をまとめてみよう。この配信者はこのように主張していて、それぞれが常識的に考えてかねがね正しいと思う。

・スプラやFPSはチーム戦

・つまり、チーム戦ゆえに負けても自分のせいだけにできるものではない

・仲間の連携があるのは、オンラインゲームリスクの分散のため

・任天堂はよくわかってる⇒例えば、スプラは塗ればそれだけでチームに貢献できる

・実はこれらの先祖=ダンマスやウィズは黎明期までさかのぼれる有望株だった

・バトロワという新ジャンルの勃興と現状の大流行がある

…言われてみれば、どれも簡潔な論理だ。格ゲーが過疎る理由を別のアイデアに託そうとした層がいてこそ、サムスピ新作が出たんだけどファメの言っているとおり、やはり、格ゲーを初心者向きに作るのは、現状不可能に近いのだ。

あたしとしては、あとはアケステ系のゲームと部分的な格ゲー(具体的に言うと、Skullgirlsのとこの新作⇒詳細はファメが既に記事にしているので見てほしい…)に望みを託す。ゲームはイノベーションの源泉かもしれないが、我々の表現を拡張できるツールはVR・AR・MRにしかない。

かつて、自由競争が進む中で市場が均衡状態に陥ると、利潤は低減・イノベーションも止まり、資本主義が崩壊して社会主義に移行すると述べた経済学者がいた(『シュンペーターの論理』)。

残念だけど…本当の意味での”新しいゲーム”はもう出てこないんだろうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする