電波系美少女バーチャルインターネッツアイドル文野純がメッタメタ遊んでメッタメタ考えて勉強するゲヲログ姉妹サイト...

メニュー⇒ ソフトウェア 思想評論 数学 書評 歴史 統計 雑感 馬鹿企画

学識者による『講堂の空洞』

学識者による『講堂の空洞』

京都の私立大学の講師が、とある現代音楽家を「死んだほうがいい」と政治的に評し、批判を浴びている。今回、話題にするのは、この講師の発言や今後の大学側としての動向でもなんでもない。とはいえ、ここから我々が浮かび上がらせることができることはあるとあたしは思う。

(特に文系の学者は)実践力がないとのことで批判されることは多い。その証拠にエリートによる革命論はいつでも空虚である。革命後の体制は必然的に官僚化し、衆愚制になり、となるとそこから逃げ出すのは革命家その人である。革命を論じ、革命を唱え、革命を欲するのに対して、現代社会におけるそのスタンスは無責任であるに過ぎない。この様子と非常に似ている構図で、池田信夫はとある共産党議員のことを論じこう述べていた。「自分が批判されるときは権力は全知全能だが、自分が現体制を批判するときは権力は無能である」と。現実離れしていて、一見矛盾なき論理を取り繕うが、それは実際のところ矛盾である。

社会学や人文科学・政治学系の学者は、特になにも社会体制を変革できる論理はないと(特に現代において)あたしはそう思う。もちろん、新しい動きもある。文理融合・学際分野であったり、経営学とAI(機械学習)の融合学科だったりいろいろと対抗しているきちんとした先生方もいるが、政治学本流の学者の論拠はほとんどが空洞であり、建設的ではないと思う。大学は人々に知識を授ける場であるのにもかかわらず、その様子を嫌う人々も多くいるのはよくわかる感情的論理だ。学問上の証明や、その後にある基礎研究の裏合わせとなる応用研究がないことが多いからだ…というのがひとつの大きい意見だろう。大学や大学院をはじめとして、アカデミックな場というものは知識に力があって、そこになんらかの必然性を求めるのだが、そここそが常識人にとっては矛盾をもはらむそのものである。生前、三島もそのように”『知性による力』への嫌悪”を度々述べていた。学識者の講堂は実際のところ空洞であるわけだ。

要するに知性を高め極めれば、無条件でそれで問題がないわけでない。知識が足かせになってしまって、常識的な判断が行われないとなると、これは空想的な学者だ、ということになる。もちろん、彼らなりの論じ方を、そうさせている論理があるからだろう。また、そういった特定の知性を獲得できたことは、当人の自由だ。だが、政治は結果を常に求められる。決して革命的なことだけを言って、それが成功裏に終わるとあたしには到底思えない。

例えば、東浩紀はアカデミズムの立場で言えば、三島に近いように感じる。東がアカポスを得ようと思えば、あれだけの業績があるのだから、簡単に得られるはずだ。ただ、そこを嫌っている節がある。だから彼は哲学者でなく、あくまで思想家なんである。三島は実践力のある立場で未来を予測し的中させた。東や三島は民主主義の熟議の末に理想郷があると固く信じていないのに対し(つまり、現実的な論理を培いそれによって世の中の問題を指摘するのに対して)、今回の件の講師は理想郷を夢見すぎた。革命によってなにか為そうとしたのは三島も同じだが、彼はあきらめがついたら、きちんと”責任を取った”のだ。それが彼の自刃だった。多くの学者も一般人もここまでには至らないだろう。問題なのはそういった学識者が自刃する覚悟もないのに、あれこれ論をつけすぎる点だ。

アリストテレスの政治学において、政治的循環の果てに僭主が現れるという彼なりのロジックはあまりに現代的だった。そして、彼の政治学は中立的な学問として、今でも一流の論理を誇っている。それはアリストテレスが、政治的な中立と人間の政治的立場を客観的に見ていたからだ。そこに東や三島も属している。残念ながら、多くの学識者はこの2000年以上前の、明利すぎた、本質的すぎた論理を超えていない。今回、問題発言を行った講師はどっちだか知らんが、あまりにお粗末すぎる、『本質を捉えられない非現実的な』論理しか使えていないとあたしは感じた。

いずれにせよ、多くのあたしたちの周辺にある論理は、あたし自身のものも含め、あまりに端直で簡単な意見に他ならないんである。『此処に立てかけた梯子(はしご)は蹴っ飛ばさなければならない…』皮肉にも、政治思想的なジョークである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする