電波系美少女バーチャルインターネッツアイドル文野純がメッタメタ遊んでメッタメタ考えて勉強するゲヲログ姉妹サイト...

メニュー⇒ ソフトウェア 思想評論 数学 書評 歴史 統計 雑感 馬鹿企画

書評「マンガでわかる機械学習」

書評「マンガでわかる機械学習」

面白い本だ。この書籍が優れているのは、数式から逃げずに、機械学習の概念をだどっていけるところである。しかも、敷居が低く、わかりやすい、高等学校レベルの方程式の理論と微積だけでたどり着くことができる。あとついでに言っておくと、Pythonの勉強にもなる。というのもところどころコードが書いてあって、しかも非常にわかりやすく、ジュピターにこれをパコパコ打っていっただけでも、十分内容を追っていけるレベルの短いコードが主となっている。

面白いのは、いわゆるオライリーのDeep Learning本(⇑のやつ)よりも軽めのコードで学習がすんじゃうところ。こっちは数式用いずに難しい概念をなんとか読ませようとするため、それはそれで欠点があったと思う。しかし、こちらの本では、数式とPythonコードを、かなり”安く”書いてくれているので、有益である。たしかに、本当にAIの神髄を見たいのであれば、理論家にならないとダメだけど、AIの入門として、あるいは復習として本書を当たるのであれば、その道のプロフェッショナルでも読む価値があると思う…概して、優れたまとまりを示す良書だ。

ちょっと内容を復習がてら見てみる(詳しい勉強内容は後日まとめる)。

・回帰から始まって機械学習の基礎を学べる

・CNN(畳み込みニューラルネットワーク)を駆使したDeepLearningを学べる

・他書ではカバーできていない、アンサンブル学習や教師なしの学習を学べる

といったところだろうか…しっかりと盲点を突いていて、それでいて基礎の復習にもなる。このシリーズは評判が概していいけど、その中でも特に本書はAI時代の今、間違いなく多くの人が読むべき書だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする