電波系美少女バーチャルインターネッツアイドル文野純がメッタメタ遊んでメッタメタ考えて勉強するゲヲログ姉妹サイト...

メニュー⇒ ソフトウェア 思想評論 数学 書評 歴史 統計 雑感 馬鹿企画

ExcelだけでSteamハードウェア統計分析を行う【RAM量編】

ExcelだけでSteamハードウェア統計分析を行う【RAM量編】

上図は、Steam Surveyの過去データからSteamerのRAM量推移をプロットしたものだ。これをみてわかったことがある。

・RAM量は時代とともに増加の傾向にある

・4GBの時代は五年前にすでに終わっていた

・そのころから12GB以上が増加傾向にあり、近年、パワフルマシンを駆使するプレイヤーが多くなっていることが推定される

・8GBはミドルレンジとして2016~2018年までシェアを高く保っていたが、次年度をかわぎりに反転している

・ここ五年間でSteamer全体についてRAM量ごとのシェアが劇的に変化していることがわかった

ここから推測されることはなんだろうか?おそらく…

★これからは16-32GBと技術が進歩して総量がさらに多くなっていくことだろう。それだけ出費はかさむが、今後64の時代が来るのも遠くはないと推定することができる。特に12GB以上の高い総量RAMが今後強く求められ、これからの対応ゲームの中においてもそれは同じように、スペック推奨値が格段に上昇されることが予想される。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする